スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
あれから一年!
ちょうど、昨年の今日が37歳中卒東大生発売日でした。

もっとも、発売日に書店において貰えるはずもなく、さらに電子手帳は紛失するわと、最悪な(!?)一日。

本日発売…だけど…(泣)

結局、電子手帳は見つからなかったなぁ。

本に関しては、共感や理解をして下さった方も多く、嬉しいメールを頂くこともあった反面、かなりきついメールなどを頂くこともあり、最初から覚悟はしていたもののグサッとくることもありました。

なかなか書店にも置いて貰えず、一年経っても初版が残っていますが、この本を出版できたおかげで、良いことも悪いことも含めて、色々なことを経験させて貰えました。

間接的ですが、この本のおかげで二十数年ぶりに弟との和解もできました。





一つ一つ思い返していくときりがないので、今日はこの辺で。

最後に、うまく言えないのですが、いつも読んで下さってありがとうございます。

支離滅裂ですが、なんとなく感謝の言葉を書きたくなってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2011/11/02 18:38] | 37歳中卒東大生 | page top
モルゲンに書評が載りました!
二月号のモルゲンに37歳中卒東大生の書評が載りました。
morgen37歳中卒東大生

モルゲンというのは、主に中・高校向けのタブロイド判の新聞で、初めて取材を受けた新聞でした。

取材の時の記事嬉し、恥ずかし!?初インタビュー

今回の書評を書いて下さったのは、高校の先生なのですが、過分に評価を頂いて、ちょっと恥ずかしい反面、とても嬉しかったです!!

ちなみに、モルゲン二月号の表紙は南沢奈央さんでした。
morgen2月号表紙

ちょうど今、日本テレビの「コレってアリですか?」に出ているのですが、不思議な魅力をもった方ですよね。個人的には、この番組ではモンスターヒラタが好きだったりします(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2011/03/08 21:38] | 37歳中卒東大生 | page top
二十数年ぶり…
今日は、珍しくホテルで食事。
京王プラザホテル

実は先日、37歳中卒東大生を読んでくれた弟から手紙が来て、今日、会う約束をしていたのです。

本を読んでくれた方は覚えていて下さるかもしれませんが、私が高校へ行かず荒れていた時期に、弟を殴ってしまい、その後、謝る機会も勇気もなく二十数年の時が過ぎていました。

手紙を貰った時は嬉しかった反面、どんな顔で会えばいいのだろう…、会ったらどうやって謝ろう…と不安もありました。

結局、会ったらまずは殴ってしまったことを謝ろう、全てはそれからだ、と思って気合いを入れていたのですが…。

クロークにコートを預けていると、後ろから「今、お連れの方がそちらに」という声がしたので振り向くと、弟の姿が…

「あっ、久しぶり」と思わず声を掛けると「あ、ああ、久しぶり」と弟も苦笑。

劇的な再会とはなりませんでしたが、おかげで緊張がほぐれました(笑)

味はイマイチなコース料理でしたが、落ちついた雰囲気の中で、ぎこちないながらも、お互い色々な話ができました。弟から「お兄ちゃん、小さくなったね」と言われましたが、私からすると弟が大きくなったような気が…。

別れ際、「なんだか、二十年ぶりって変な感じだな」と言って笑うと、弟も「時間は偉大だね」と言って笑っていました。

まだまだ二十数年の時を埋めるには時間が足りませんが、大きな一歩となりました。これも本を読んで弟が手紙をくれたからで、これだけでも私にとっては、本を出した価値があった気がします。
花茶
上は料理の時に出た花茶。花茶って面白いですよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2011/03/05 19:48] | 37歳中卒東大生 | page top
国会図書館の思い出
今日、久しぶりに国立国会図書館に行ってきました。多分、十五年ぶりくらい。
1386.jpg

実は、37歳中卒東大生も国会図書館に納本されたそうなので、見てきたのです。

国会図書館にはカメラ持ち込み禁止、荷物はロッカーに預けなければいけないので、写真は撮れなかったのですが、代わりに記念に一ページだけ複写を申し込んできました。
37歳中卒東大生

写真では見ずらいですが、「一つ目の出会い」として野口晴哉という整体家(と言うよりは、気功療法家だと思う)の本と出会った時のことを書いたページです。

当時、絶版になっていた本も含めて、彼の本を国会図書館まで行って読みあさってました。その中でも、特に好きだったのが、「生くる者は生くる也、死ぬ者は死ぬ也」で始まる「治療の書」です。
野口晴哉治療の書

せっかくなので、記念にこちらも一ページだけ複写してきました。

野口晴哉治療の書より

ちなみに上の汚い字は、当時、著作権の意味も良く分かっていなかった私が、コピーを頼みまくって係の人に怒られてしまい、手書きで書きうつしたものです。

うーん、なんと言ってよいやら(苦笑)

でも、それだけ彼が好きだったんですよね。

今では、多少考え方が違う部分もあるのですが、それでも私が危うかった時期に彼の本に出会えたことに、今でも感謝しています。

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

[2011/02/17 20:04] | 37歳中卒東大生 | page top
読売新聞で紹介されました~!
なんと、2月7日の読売新聞の新刊立ち読みのコーナーで、37歳中卒東大生が紹介されていました!
読売新聞掲載

と、過去形でのご紹介になってしまったのは、私も知らなかったからなんです。

先日、クラスの人から教えてもらった時も半信半疑だったのですが、本当に載っていてビックリです!

しかも、コメントを書いて下さった人が、ずいぶん良く書いて下さっているし…。

いや、本当にもう、感謝の一言です。嬉しいなぁ~!!

今年もチョコには縁のなかったバレンタインでしたが、それ以上に嬉しい一日でした(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2011/02/14 20:45] | 37歳中卒東大生 | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。