東大期末試験にチャレンジ! 現代生命科学Ⅰ編
今日は現代生命科学Ⅰの試験でした。この試験は一昨年までは○×と記述だったのですが、受講者が増えた去年は○×のみで35問出題されていました。今年の出題形式を教官が発表していなかったので、勉強しづらかったのですが、結局は○×式(正確にはYES、NO式)で70問出題されました。

記述がなかったのはありがたかったのですが、ビックリしたのは解答用紙がマークシート式だった事。

英語一列の試験を除けば、期末試験でマークシートだったのは初めてだと思います。さらに驚くべき事に、マークシート用紙がわら半紙(!?)だったのです。機械で処理するって書いてあるのですが、マークシートってわら半紙でも認識できるのですね。 普通、マークシートの解答用紙は白い厚手の紙が多いので、わら半紙は無理だと思っていました。

前置きが長くなりましたが、これが問題です。実は、私の答えが小さく書いてあるのですが、紙が破れそうで怖かったので消しませんでした。見づらいのは勘弁して下さいね。

問題は、クリックすると大きくなります。
東大期末試験現代生命科学Ⅰ

東大期末試験現代生命科学Ⅰ

私が受けた現代生命科学Ⅰの教官は坪井貴司氏という、かなり若い教官です。試験自体は、あまり授業にでていなくてもシケプリさえあれば十分とれそうな感じです。

ただ、講義の内容は面白いもが多く、個人的には、味の素と遺伝子組み換えの話や色々な治療薬の話などが好きでした。

講義は、基本的に教科書に従って進められるので(講義内容は、多少違いますが…)、自分の興味ある所だけ出席して、後はシケプリ頼みでもいいかもしれません。

もっとも、試験が二択のマークシートだと、それほど点数に差が出ないと思いますので、高得点を狙おうとしたり確実に優を狙うのは返って難しいかもしれません。

さぁこれで後は来週の中国語だけだ~!! 頑張るぞ~って言いたい所ですが、今回は中国語の出題形式が全く分からないのですよね。さーて、どうしましょ。

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2010/07/23 21:29] | 期末試験 | page top
東大期末試験にチャレンジ! 身体生命科学編
今日は身体生命科学の期末試験がありました。

問題は、こちら(クリックすると大きくなります)
東大期末試験身体生命科学

身体生命科学の教官は七夕の日の記事でもご紹介した石井直方氏という元ボディビルダーの名物教官です。

この講義では出席は一切取らず期末試験のみの評価だったのですが、上の試験問題をいきなり出されたら、ほとんどの人は解けませんよね!?

75点分位の予想問題を教官自らが講義の最後の方で配布して下さいました。それが、こちらです。
身体生命科学予想問題

確かに、ほとんど同じですよね。逆評定で神と呼ばれる所以かもしれません。

シケプリも出回っているのですが、今回はほとんど自分で解答を作ったので、ちょっと大変でした。もっともそのおかげで、わりと覚えられたので(結構、量が多いので覚えるだけでも大変なんです)、7~8割はできたかな。一応、科類も考慮して評価してくださるとの事だったので、なんとかなるでしょう!

さて、今回受けた石井教官の授業ですが、本当にきちんと配慮が行き届いています。例えば、ほとんど毎回のように要点をまとめた配布資料があるのですが、その回に出席できなくても次回に貰える様に、二週か三週は古い資料を用意して前に置いておいてくれます。

さらに板書も丁寧です。今回の教室では左右に分かれた二つの黒板があり、さらにそれぞれが上下にスライドするという全部で四面の黒板を使っていたのですが(伝わりづらくてすみません)、板書をした順に右下に番号を降り、途中から見ても授業がどう進んでいるのか分かる様になっていました。

板書をしてくださっても、どう読んでいいのか分からないような教官もいる中で、これだけ丁寧な先生は初めてでした。この細やかさで、もう漫画の世界としか思えないような筋肉を織り上げていったのでしょう!? 若い頃の石井直方氏の写真もネットにもアップされているので、興味のある方は検索してみてくださいね。ちょっとビックリしますよ(笑)

ただ、面白いキャラクターとは違って、授業で扱われている内容は、かなり高度(私がそう感じるだけ!?)。実はこの教官の講義は一年生の夏学期にも取ろうとしたのですが、初回のガイダンスで分子構造図みたいなのが、沢山出てきそうだったのでやめてしまいました。

実際に講義を受けてみても、やはり分からない所も多かったのですが、老化や肥満などについて学べたので面白かったです。

いや~、それにしてもこれで中国語を除けば、進フリに必要な単位は揃うと思うので、問題なく終わってホッと一安心です。

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2010/07/21 21:50] | 期末試験 | page top
東大期末試験にチャレンジ! 英語二列(C)編
今日は英語二列(C)の期末試験でした。何も補講日にやらなくても~、とグチリたくなってしまいますが、映画の途中で授業が終わってしまうのも残念なので、仕方ないですね。

英語二列(C)というのは、視聴覚教材を使った聴解・読解の授業で、私が講義を受けた教官が使っていたのは、ブログでも何度かご紹介したmeet Joe Doeという映画でした。

ちなみに、期末試験の問題がこちらです。映画の内容が分からないと解けない部分もありますが、興味のある方は、挑戦してみて下さいね。時間は60分です(ちなみに、映画はYouTubeの私のページのお気に入りにあります)。

画像をクリックすると大きくなります。
東大期末試験英語二列(C)

授業では映画を見ながらスクリプトを読むのが中心でした。

当然試験も和訳が中心だろうと思っていたら(小テストは和訳と省略されている語を答えるなどだった)、なんと英語の記述で答える問題が多くてビックリ…と言うか、焦ってしまいました。前期の英語二列(P)以来、英作なんてやっていなかったので不安もありますが、一応試験が終わってホッとしました。

英語二列(C)は矢田部修一教官だったのですが、授業計画がきちんとされていて、必要な事は全部説明してくれる先生でした。meet Joe Doeという映画も個人的には好きでしたし、授業も大体10分位前には終わるという意味でもありがたかったです。

ただ、厳しいという訳ではないのですが、独特の私語を許さない雰囲気と、当てられて答えられなかった時に簡単にはパスをさせて貰えなかったりします。

講義中に私語などでうるさくなってしまう授業もあるのですが、怒るでもなく、突き放すでもなく、最初から独自の雰囲気で私語をさせないという珍しい先生でした。予習しておけば、質問も答え易いものばかりなので、睡眠タイムと言われるのも分かりますが、単位さえ普通にくれば、逆評定で「鬼」と言われるほどではないのかな、と思いました。

いずれにせよ、これで本当に東大での語学としての英語の授業は終わりました。英語もほとんど独学だったので、会話やライティングの授業は受けた事がなく、帰国子女や留学経験者も多い東大でついていけるのか入学当時は不安だらけだったのですが、なんとか無事(!?)に終わって良かったです。

ひと山越えてホッとしすぎたのか、ハウルの動く城の最初だけ観ようと思っていたら、ついつい最後まで観てしまって更新が遅くなってしまいました(笑)

さぁ、また気持ちを入れ替えて来週の一般科目と再来週の中国語に向かってぇGo~!!

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2010/07/16 23:52] | 期末試験 | page top
東大期末試験の成績開示
今日から二学期までの成績表が開示されました。まぁ、ゴチャゴチャ言い訳するのもあれなんで…。

まずは、ご覧ください。
二学期までの成績開示

一学期と二学期の両方が一緒に表示されています。

中国語は今学期も危なかったですね。中国語一列・二列共に可でした(笑)

でも、最大の懸案だった中国語が不可にならなかっただけで最高にハッピーです!! 

…我ながらバカっぽいですね。(でもそれだけ嬉しいんだも~ん!)

今学期の可は中国語の二つだけ、不可もなし! …と言う事で、私としては十分でした。もっとも進フリを考えると、少しでも良い点が欲しかったというのが本音なのですが、中国語があるので仕方ないですね。

ほんと中国語がなければなぁ…。でも、今学期からは週に一コマとの事なので、なんとかしたいです。

個人的に二学期の成績で嬉しかったのは、なんと言っても「健康スポーツ医学」。試験が難しかったので、ちょっと不安だったのですが、優を貰えました~パチパチパチ!

いやー、鍼灸とか気功をやっている手前、こういう科目で成績が悪いとちょっと…って、怖かったんです。

一応、面目は立ったかな!?

東大では文三の場合(科類によって違いますが)二学期終了までに(基本的に、一学期講義を受けて、可以上の成績だと2単位貰えます。東大の成績評価は優、良、可、不可の四段階です)

外国語は(私の場合、英語と中国語)、それぞれ平均点が40点以上
社会科学:2単位以上
人文科学:2単位以上
方法基礎:2単位以上
総合科目:8単位以上

が必要条件になるのですが、とりあえず条件はクリアできました!!

やっぱり無事に二年生にはさせて貰えそうなのが、なによりも嬉しいです。

入学した時は、二年生になれるかどうかが、本当に不安だったからなぁ~。一年前を考えると本当に奇跡的な感じですが、来年は、進フリを通過して三年生になっていたいものです。

新しく東大に入学される方は、今は不安が多いと思いますが、こんな老化が始まっているオジサンでも、なんとか一年目はクリアできたので、安心して下さいね。

東大は、クラス単位の行動やオリ合宿など、ちょっと他の大学とは違う面もありますが、多分楽しめると思いますよ!

テーマ:★大学生活★ - ジャンル:学校・教育

[2010/03/24 19:48] | 期末試験 | page top
今日は現代教育論の試験でした!
今日は四限に現代教育論の試験がありました。教官は丹野義彦氏です。

昨日から雪が降っていたので心配だったのですが、東大についた二時頃には、ほとんど雪は融けていました。試験の事は別にして、東大の雪景色も撮ってみたかったので、ちょっと残念。

現代教育論は、何度かこのブログでも記事にしたのですが、私がちょうど中学から高校(中退してしまいましたが)の時期だった1980年代の校内暴力やいじめなどに関する講義が多くて、個人的には面白かったです。

試験は、選択式が10問と記述が2問だったのですが、問題と解答用紙が一体となっているタイプだったので、持って帰ってくる事ができませんでした。ただ、数年前までは問題と解答が別だったらしく、ネット上にも過去問などがアップされているので、興味のある人は検索してみて下さい。

選択式の問題は、過去問と大きな違いはありませんでした。私も過去問をやっていったので、選択式はかなり出来たと思います。記述式も一応書いたのですが、どうでしょうね!?

いずれにせよ、出席代わりのレポートが三回あったのですが、全て提出しているので、とりあえず不可の心配はなく一安心です。

これで、残るは来週の中国語の試験だけになりました。

「あれ? 夏に比べて、随分少ないじゃん」と思う人もいらっしゃるかも知れませんが、夏学期が17コマだったのに対して、今期は13コマ、さらに冬学期は英語や方法基礎など期末試験ではなくレポートで評価されるものが多かったからです。

試験としては、多少楽ですが、その分レポートや発表などが大変でした。

それに来週とは言え、今期はかなりのスピードで中国語が進んだので、試験範囲が広くて大変。

ただでさえ語学は、若いうちに身につけなければ難しいと言われているのに、中国語にはピンインという、ほとんど単純暗記の発音記号みたいなものまであるので、若い東大生のペースには、とてもついていけません(泣)

いやー、マジで中国語どうしましょ!? もっとも泣き言をいっても、こんなオヤジを助けてくれる人はいないので、何とかしないと…。

とりあえず、最近になってやっと進フリで行きたい学科も出てきたので、なんとか行けるよう頑張ります!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/02/02 22:01] | 期末試験 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>