スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
折紙vsボケ
今日は折紙サークル。サークル棟が改築中なので、学生会館でやった。

学生会館は構内がベニヤ板のようなもので仕切られていて、色々なサークルの部室として使われていた。独自の雰囲気があって、面白い。

実は、折紙サークルはまだ部室を持っていない。

サークルが部室を持つには、活動を始めて何年か実績を積まなければならないからである。

去年の駒場祭でグランプリのご褒美として「部室」が貰えたらよかったのに…等とサークルの人と話していたのが、確かに自分が所属しているからというわけでなく、このサークル、活動内容(作っているもの)から見ても部室くらいあってもいいのでは…等と思うのは、やはり私の贔屓目なのだろうか。

ところで今日は、先週に引き続き、ユニットを折らせてもらった。今回は結構折ったのだが、自分の折ったユニットを上手い人たちが繋げてくれるのを目の前で見ると、何とも言えない嬉しさがこみ上げてくる。

先週ここで書いたユニットに使う紙だが、今日聞いたらB5程の紙を七センチ四方くらいに切ったものだった。

今回は二千個以上、ユニットを使うらしい。

昨日は看板も作ったらしいし、五月祭に向けて着々と(!?)準備を進めているようだ。

私も出展したいものが見つかったので、サークルの人に見てもらったのだが、大丈夫そうだったのでホッとした。

あとは私の場合、それがちゃんと折れるかどうかが問題だ!

それにしても、同じ一年生で、方眼紙の上に自分で設計した折図を描いている人がいて、すごいなぁと思った。

私もいつかそんな風に、自分で設計出来るようになりたいけど、いったい何年先になることやら…。


…ボケの進行の方が早かったりして。
スポンサーサイト

テーマ:★大学生活★ - ジャンル:学校・教育

[2009/05/22 22:26] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。