スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
弥生式土器発掘ゆかりの地
今日はゴールデンウィーク中だというのに、二限から授業。しかも三限と四限は休講なので五限まで六時間ほど空き時間が出来てしまいます。

と言うことで、いつものように学食探検へ…



と言いたい所ですが、今日はレポなどが溜まっていたので図書館でお勉強。短いレポを一枚書いて、発表用の課題の本にざっと目を通しました。

一段落すると、やっぱり外へ行きたくなります。少し前に、つつじ祭りが根津神社で行われていて、ゴールデンウィークの頃に満開になりそう、という話を聞いていたのを思い出し、根津神社に向かってお散歩。

根津神社って名前は良く聞くのですが、行ったことはなかったので適当に歩いて行くと、面白い石碑を発見。
弥生式土器発掘ゆかりの地

「弥生式土器発掘ゆかりの地」と書かれています。そう言えば、本郷弥生町で見つかったから弥生式土器だったんですよね。でも、弥生式土器の発見場所は、正確には分からなくなってしまったらしく、この石碑もゆかりの地と書かれているに留まっています。

ちなみに、今日の二限は考古学の授業だったのですが、この石碑を見つけたのも何かの縁だったのかな!?

その後、無事に根津神社につき、つつじ祭りを見れたのですが長くなるので、つつじ祭りについては明日書きます。

つつじ祭りを見た後、本郷に戻って五限の授業。NHKのディレクターの人が講師を務める人気の授業だったのですが(先生曰く、受講者が217人で教育学部では多分最多とのこと)、今日は参加者が激減。180人で定員になる教室にも空席が目立ちました。

私の知り合いも10人くらい受講していたはずなのに、昼間見かけた人も含めていませんでした。みんなして連休を満喫していて羨ましい~!!!
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2011/05/02 21:57] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。