スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
東大の不思議な木
今日は二限から授業。少し授業が伸びてしまい、学食は混んでそうだったので、昼ご飯は諦め昼休みはキャンパスをお散歩。

東大本郷キャンパス法文館前
 
秋の雰囲気を感じますが、手前の木を良く見ると…。

東大本郷キャンパスコンクリが刺さった木

なぜ!?

コンクリがめり込んでいます。さらに、三四郎池の側には不思議な木の枝が落ちています。

東大本郷キャンパス麒麟みたいな木


私には麒麟(キリンビールのロゴにもなっている中国の伝説上の動物)みたいに見えてしまうのですが…見えないかな!?

さて、この麒麟みたいな木が錯覚かどうかは別にして、午後の身体の演習はEyeLinkという装置を使った視覚実験。私達が見ている映像は脳に補正されているので、日常生活を送れているけれど、一方でそれゆえの錯視も起きるのを確認するというもの。

錯視に関しては、テレビ番組等でも、

<--------->

>---------<

こんな感じで長さが違って見えるなんて良くやってますよね(ミュラー・リヤー錯視
)。心理学の授業などでも良く出てきて、個人的にも好きな分野だったりします。

実験は個別に行われたので、順番が先の方だった私は早めに終了。

授業が終わると、そのまま歩いて飯田橋へ。昨日、池袋、新宿と歩いたので、二駅分くらいなら近いじゃんって感じになっちゃいました。

30分強歩いて、飯田橋の法政で遅めのお昼…というか、朝ご飯は食べないので、本日最初のご飯。

ご飯を食べながらお昼に生協前で配っていた駒場祭のパンフを見てました。

駒場祭のパンフ

今年のテーマは「祭生」。盛り上がるのかな!?

ちなみに、写真の背景は三四郎池です。

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2011/11/17 20:27] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。