スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
遥かなる故宮…遥かすぎる清明上河図
一限の身体概論の授業の後、明日のプロジェクト研究の打ち合わせ。しかし、今回は実験が予想よりもスムースに進んでいるため、簡単にグラフなどを作った後は、明日の昼休みにまとめてやるということで解散。

久しぶりにお昼前に解放されました!

と言うことで、上野の東京国立博物館へ。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、現在東京国立博物館では、日中国交正常化40周年、東京国立博物館140周年を記念して「北京故宮博物院200選」という特別展が行われています。

さらに、今回の目玉として、北宋の都・開封の様子が分かると世界史の教科書にも載っている「清明上河図」が展示されているのです。

と偉そうに書いていますが、四書五経の講義でこの特別展を見てレポを書く、というのも選択課題の一つとして紹介されて興味を持っただけなのです。時間もできたので見に行って見たのですが…。

東京国立博物館清明上河図待ち時間

なんと、特別展への入場に80分待ち。さらに清明上河図を見るためには240分、要するに5時間以上待たなければ清明上河図は見れないのです!

ディズニーランドもビックリの大行列!!

確かに神品と呼ばれる清明上河図を肉眼で見れるのは、今回しかチャンスはないのかもしれませんが、それでも、ねぇ…。

東京国立博物館

ああ、遥かなる故宮…遥かすぎる清明上河図…。

結局、私は諦めてしまいました。

そういえば、今日のグーグルはちょうど西遊記をモチーフにしてましたね。なんでもアジア初の長編アニメーション映画「西遊記 鉄扇公主の巻」を手掛けた双子の万兄弟生誕112周年だとか…。

グーグルトップ


誰だか分かりませんが、なんとなく縁を感じてしまいました。レンタルビデオであるのかな。

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2012/01/18 19:34] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。