スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
冬学期(六学期)を振り返る
この冬学期は、自分好みの授業が中心。特に、易経を読む東洋古典学は、前から易経を読もう読もうと思いつつも、腰が重かったので、いい機会でした。

個人的には易経の読み方も分かったのでありがたかったのですが、興味がないと単なる漢文講読になってしまうので辛いかも。

もう一つ、趣味でとったのが生命科学概論。月曜の一限という辛い時間でしたが、生命科学の各分野がオムニバス形式で学べました。しかも期末レポも軽めだし…(笑)

この授業を聞いていて、遺伝子解析と簡単な組み換えを東大にいるうちに体験してみたいなぁ~っと思ったのですが、学部も違うし、ちょっと難しいかな!?

今期必修だったのは、身体の概論と演習。概論の方は、指定された文献を読んで発表するという形式。毎回、色んな文献が取り上げられたのですが、一番のお気に入りは、何度かご紹介した脳を鍛えるには運動しかない!です。ヨガにも少し触れられていたので、私は気功を用いて、卒論に使おうかと思っていたのですが、今はちょっと方向を変えようと思ってます。

概論のほうは、何といってもプロジェクト研究。三人一班で、卒論の予行演習みたいな形式で実験と発表を行う授業だったのですが、これがきつい!

期末試験の時期や就活とも重なって、研究室に泊まりこむ人もでるなど、死屍累々といった感じでした(苦笑)

もっとも、おかげで卒論を意識するようになったし、良い経験にはなったのですが、時期が違えば、本当によかったのですけどね。

今学期受講した主な授業はこんな感じです。あとは成績が発表されてから。

来学期は週に5日の解剖実習を取る予定なので、今学期の単位が全て取れててくれないと困るのですが…。

大丈夫かな!?

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2012/02/17 22:22] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。