スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
スライムグミ!
今日は、グミ作りに挑戦してみた!

実は、情報の課題で作ったクラスメイトのホームページを見ていたら、グミの作り方を紹介している人がいて、是非作ってみたいと思っていたのである。

だって、グミなんて作れると思わないでしょ!?

私がグミを初めて食べたのは小学校の頃だったと思うのだけど、コーラのグミが流行って、ゼリーとも飴ともガムとも違うし、なんて不思議な食べ物なんだろうと思ったものだ。

ただ当時は、量が少ないのに妙に高いので、滅多に食べる機会はなかったのだけど…。

で、クラスメイトのグミのレシピを見て作りたいと思ったのだ。

そのまま作るだけでも面白そうだったのだけど、人生経験を重ねてきた(!?)オジサンとしては、一工夫したくなる(笑) 作ったのがこれ!
スライムグミ

ロートを使って、型取りしてみました。(左、実は頭の部分が、上手く抜けなくて折れてしまったし、口の赤いチョコペンを買い忘れてしまったので黒になってしまいましたが、それはご愛嬌!)

右は、普通のお猪口を使い、はぐれメタル風(色違いバージョン)にしてみました(笑)

スライムグミレシピ(直径6cmのスライムが1個と直径4cmのはぐれメタルもどきが2個)

 使うもの 直径6センチのロートとオチョコ2つ
 ソーダ(炭酸を抜いておく) 大7
 ゼラチン 15g
 水飴 大1.5
 食用色素青 適量
 チョコペン(黒と白あれば口用の赤)
 サラダ油 適量

<作り方>
ソーダの炭酸を抜いておく。

ロートの底をサランラップで塞ぎ、サラダ油を塗る。他の容器にも塗る。
 
耐熱容器にソーダとゼラチン、そして食用色素青を入れて混ぜる。
 
よく混ぜたら水飴を加える。

こんな感じ↓
スライムグミ
ラップをかけず、電子レンジに50秒ほどかけ煮とかす。
※炭酸を抜かず、ラップなどで密閉してレンジにかけると爆発する恐れがあるので注意※ 

型に流して冷蔵庫で3時間ぐらい冷やし、型から取り出す。

チョコペンで表面に目と口を描いて出来上がり!

それにしても、グミの作り方ってゼリーと似てますよね。というか、ゼラチンの塊? うーん、よく分からないのですが面白かったです。しかも、作るのは意外と簡単!

小学生の夏休みの自由研究などに、いかがでしょうか?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2009/08/25 22:08] | 男の料理!? | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。