スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
いきなりテストは辛すぎる…。
今朝、駅のホームで待っている時に、中国語のテキストを読もうとバックを開けるとテキストがない。

どうやら家のトイレで読んでいたら、そのまま忘れてきてしまったらしい。

誰かに見せて貰おうかとも思ったのですが、中国語の先生は、テキストを忘れているとツッコミを入れてきそう。

慌てて家に取りに帰る事に…。

まだ駒場祭の疲れも取れていないのに、往復30分近くを全力疾走。

走りながら考えたのは、「俺はイイ年して、何やってるのだ」という素朴な疑問(笑)

でも、おかげで何とかテキストを持って授業に出れました。

っと、ここで終われば万々歳だったのですが、なぜかいきなりテスト!!

「テストなんて一言も言ってなかったじゃん!」と心の中で泣きながらも現実は変わりません。

結果は…。

テストが帰ってくるのが怖いです。

それにしても、明日も来週の月曜にも中国語の小テストがあるし、英語の課題も多いしと、駒場祭があったにも関わらず容赦無しって感じ。

ちょっとオジサンにはキツイかも…。

話は変わりますが、今日の昼休み、先日ブログでご紹介したオリストの副代表の個展「Arrhythmia 」を見てきました。
Arrhythmia

絵などの展示数は少なかったのですが、顔の認識装置を使ったプログラムやエアドラムと言って、プロジェクターを使い影で音を出す装置などがあって面白かったです。

それに、駒場祭でoristが作ったラピュタも飾られてありました!
oristラピュタ@Arrhythmia

東大から歩いて5分位の場所でやっているので、もし興味のある方はのぞいてみてはいかがでしょうか?

テーマ:★大学生活★ - ジャンル:学校・教育

[2009/11/26 18:53] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。