スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ボケてって言われても…。
昨日は、教養学部のガイダンスがあったのですが、心優しいクラスメイトが代わりに資料を貰ってきてくれました。
学部ガイダンス資料

この前の文学部と、また少し違った感じです。

教養学部は三年になっても本郷へ行かず、卒業まで駒場で授業を受ける事ができるので、個人的には駒場にずっといられるの事に魅力を感じるのですが、いかんせん教養学部は人気が高く、私の成績では行けそうもありません(もっとも、仮に行けても語学の負担が大きそうなので無理そうです)。

来年の今頃には、すでに学部が決まっていると思うのですが(と言うより、決まっていて欲しい!)、どの学部になっているのでしょうね。

さて、進フリが近付いているという事は、新入生を歓迎する時期が近付いているという事でもあります。

去年は、上クラの人達がオリパンフという、彼らや学校を紹介する冊子を作ってくれたのですが、今度はウチのクラスで作る事になりました。

オリ合宿も含め、ある種クラス単位で行動する東大の伝統みたいなものには批判があると思いますし、排他的な要素を生む可能性もあります。

ですが、こんなオジサンがまかりなりにも大学生活を楽しんでいられるのは、この伝統のおかげによる部分が大きいので、私としては感謝しています。

そう、感謝はしているのですが…。

今日、オリパンフを作る責任者が自己紹介用のアンケートみたいなものをクラスの人達に配りました。

その中には、あだ名だとか趣味だとか色々な項目があるのですが…。

私が真面目に書いていると、周りから他の子が勝手に用紙に書き込みをしてきます。

例えば趣味に「マッサージ」と書くと「性感マッサージ」と余計な文言が付け足されてしまいます。いや、それは、それで嫌いじゃない…そ、そうじゃなくて、マッサージは国家資格を持つ者として、疲れている人を癒すのが好きと言う事で、サービスしてもらうのが好きなわけでは…い、いや、サービスしてもらうのが嫌いと言うわけでも…と、とにかく違うんです。

一事が万事(これ以上の部分は、とてもブログでは書けません。皆さんのご想像にお任せします)、こんな感じで付けくわえられたり、書き換えられたりしつつも、私なりに多少のボケを加えて、責任者に見せると、

「もっとボケてください!」との指示が…。

どんなオリパンフになっていくのか、先行きが大いに不安です。

いっそのこと、クラスの男子の期待に応えちゃおうかな!? でも、新入生に嫌われたくないし…という感情で揺れ動く、三十八歳ひろじぃなのでした(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2009/12/11 21:43] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。