スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
四ツの袖
今日は、ちょっと時間があったので、夕方から久々に折紙。

考えて見ると、駒場祭が終わってから一度もオリスト(折紙サークル)へは行ってませんでした。

これは、別に折紙に飽きたわけではなく、ちょっと忙しかったのです。勿論、学食ばかり食べに行ってたからではありません(まあ、学食は楽しいのですが…)

折紙では鶴が好きなので、以前から「秘伝千羽鶴折形」という江戸時代に発行されたと言う世界最古の折紙本に出ている49種を制覇したいと思っていたので、チャレンジしてみました。

夏休みの頃にも、楽楽波(さざなみ)風車を作っていたので、今日もその変形で四ツの袖という作品を作ってみました。
折紙四ツの袖

四ツの袖には「夜桜や匂ひ余りて初夜も過ぎ四つの袖から恋風ぞ吹く」という艶っぽい歌が添えられています。

なんか、状況を想像するとちょっとスゴそうな気がするのは私だけでしょうか…。

以前使った和紙の切れ端が残っていたので、小さめの鶴も折ってみました。
折紙小さい鶴

携帯の上に乗せて見ました。ちょっと可愛いでしょ!?

私も四ツの袖に便乗して歌でも詠んでみようかと思ったのですが、思いついた歌があまりに下品でとてもブログにアップ出来る代物ではなかったので断念しました(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2009/12/28 22:35] | 折紙 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。