スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
共通一次最後の受験者!?
今日は二限が英語演習でした。

そう、先週になって論文にタイトルをつけるように言われ、出しそびれてしまった授業です(笑)

おかげさまで今日、無事提出できてホッと一安心。しかも先生も覚えていてくれたようで、「御苦労さま」と笑って言ってくださいました。ほんの一言が嬉しい時もありますよね。

二限が終わった後、四限まで空き時間があり、普段なら学食探検に出発する所ですが、さすがに木曜日に中国語演習の試験を控えていて、そんな冒険に出られるほどの勇気はありませんでした。大人しく図書館でお勉強。

やはり、この時期は勉強する人が多いようで、いつもより図書館も混んでいました。

四限は現代教育論という授業で、今日のテーマは大学入試。講義では欧米の教育制度との比較から始まり、共通一次やセンター試験の成立過程や問題点などが扱われました。

個人的に懐かしかったのがセンター試験の成立の話で、国立大離れを解消する為に、共通一次試験が1987年からA日程、B日程方式となり、1989年には分離分割方式が京大で導入され、1990年からは大学入試センター試験に名称変更がされたとの事だったのですが、もし私が普通に高校から大学受験をしていたら、ちょうど1990年に大学に入学していたはずなのです。すると共通一次の最後の受験者だったかも!?

もちろん、ちょっとだけ普通ではないコースを歩んでしまった為、高校へは行きませんでしたが、1988年に大検合格後、大学受験を考えた時期もあり、新聞や大学案内にはA日程だ、B日程だとか色々と書いてあったのですが、制度が分からなくて困った事を覚えています。

当時はネットもなく、相談できる知り合いもいなかったので、誰からも教えてもらえなかったのですよね。

と、ちょっと文章にすると暗くなってしまいましたが、今ではそれも懐かしい青春の一コマ!?だったりするので、当時の事を思い出しながら授業を受けられるのは、年寄りの特権かもしれませんね!

それから今日、構内を歩いていると、駒ネコ(駒場キャンパスに居ついている猫の事)を発見。

近づいてきてくれる時もあるのですが、「可愛いネコの写真を載せて好感度アップだ」と思ってカメラを向けたら、ついつい殺気が出てしまったようで逃げられてしまいました(笑)
駒ネコ

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/01/19 19:38] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。