スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
駒場のミステリー!?
先日、現代教育論という講義の中で、駒場の一号館(時計台)は以前、地下で寮などと繋がっていたという話を聞きました。一号館と言うのは、何度かウチのブログでも写真を載せた事のあるこの建物です。
東大駒場一号館

これが、現在はなくなってしまっているのですが、学食や図書館のある辺りにあった寮などと地下でつながっていたと言うのです。確かに、学食前の広場の端に、旧一高時代の寮の記念碑みたいなものがありました。下画像をクリックすると読むことができます。
東大一高記念碑

そう言えば、一号館から地下につながっている階段があるのですが、その扉が閉まっているのでずっと気になっていたのです。
東大謎の階段

東大謎の入り口

なんか、ちょっと怖いでしょ!ちなみに、この扉はいつもしまっていて、今日も開きませんでした。うーん、どうなっているのだろう? 地下ツアーとかってあるのかな!?

教官によると地下道からは、地上との空気の交換の為に煙突みたいなのが出ているとの事。一号館の周りをまわってみると、それらしいのが何箇所かありました。
東大謎の煙突

多分、これなのかな? もし今でも地下道が使えるのなら、一度くらい通ってみたいですよね。

テーマ:★大学生活★ - ジャンル:学校・教育

[2010/01/29 20:42] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。