スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
恵方巻きで死にかけた!?
今日は節分でしたね。以前は節分と言えば豆まきでしたが、ここ数年の間で関東でもすっかり恵方巻きが定着してしまった感があります。今日も夕方、近くの大型スーパーへ行ったら、総菜コーナーで恵方巻きが出されるたび、皆が我先にと買って行っていました。恵方巻、大人気です。

そういうウチでも三年ほど前から、恵方巻きをやっています。勿論、こういう面白いイベントの時は、私が仕切らせて貰ってます(笑)

と言う事で、今年作った恵方巻きは、これ。
ひろじぃの恵方巻

普段、巻きものなんて作らないので下手くそですが、まぁイベントって事で…。

ちなみに中身は豚の生姜焼きとアボカドのマヨネーズ和えが入ってます。ちょっと見た目は悪いですが、味はかなりイケます!

恵方巻きの決まりは、その年の方角を向いて願い事をしながら言葉を発せずもくもくと食べきる、というものらしいのですが、公開されているルールによっては、口を放したりお茶を飲んだりするのはOKともNGともありました。

実は詳しいルールは私自身も良く理解してません。ですが、幸せに貪欲な我が家では福を逃がさないよう、口を全く放さず一気食いするようにしています(笑)

今年は恵方が西南西と言う事で、カミさんと二人で西南西に向かって食べ始めたのですが…。

長さが20センチ以上ありますし、市販の太巻きほどではありませんが太さもソコソコあるので、食べている内に、なんだか可笑しくなってきてしまいます。

何故こんな間抜けな事をやっているのだろうと、思わず笑いが込み上げてくるのです。

しかし途中で笑ったり、口を放す訳にはいきません。

ですが笑っちゃいけないと思えば思うほど、可笑しくなってくるのが人間と言うものです。必死に噴き出しそうになりながら、食べ続けていると、ふいにご飯の塊が喉に落ちてきたりして咽そうになってしまいます。吐き出しそうになりながらも、今年の幸せの為に食べ続けました(笑)

なんとか食べきりましたが、食べ終わると毎年カミさんに「これって、幸せになるどころか体に悪いんじゃないの?」なんて言われてしまうのですが、多分来年も同じ事を繰り返してしまいそうです。

この恵方巻きが全国的に定着したのは、コンビニによる仕掛けがあったからみたいです。

恵方巻きは定着しましたが、節分そばは今のところ流行っていなさそうですし、大手が仕掛けても「正月うどん」だとか「逆チョコ」なんかは、定着しそうもないですよね。成功している企画の陰で、私達が知らない仕掛けが色々とあるのでしょう。

それにしても、「恵方巻」とか「まるかぶり」だとか随分想像力をかき立てるワードですね(笑)

絶対、オゲレツな会話を楽しんでいる人達がいる気がします…。私も思わず参加したくなってしまうところですが、それを抑えて知的な文章で纏めるところが大人の分別というところでしょうか…フフフ…。

あとは賢明な読者の方たちの想像力におまかせします(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/02/03 22:55] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。