スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
車と言えばトヨタ、お肉と言えば!?
先日、出かけた先で怪しい風俗店のような看板を発見。一般道に沿ってあまりに堂々と出店していたので、思わず近づいてみると…(あくまで興味です。ついフラフラ~と入ろうなんて思ったわけではありません!?)。
焼き肉小倉優子
↑今回は特別にクリックすると大きくなります(笑)

店の名はズバリ「焼肉 小倉優子」。

そう言えば、以前スポーツ紙で、小倉優子が焼肉店を出すという記事を見た事を思い出しました。

一体、どういう焼肉店なのでしょうか? まさかスマップの中居君も通っていたという、ノーパンしゃぶしゃぶ(笑)ならぬ「ノーパン焼肉」なんて嬉しい、いやいやいや間違いです、いかがわしいサービスのお店では? しかもカルが「カル」って書いてあるし…。

思わず社会の真実を伝えるブロガーの使命として入店してしまいそうになりましたが、「エロじぃが小倉優子のお肉を食べたらしいぜ」だとか「エロオヤジが、カミさんから相手にしてもらえなくて、グラドルのお肉を求めてコリン星まで行ったらしい」なんて、クラスメイトから言われそうだったので、グッと我慢しました(笑)

それにしても「焼肉 小倉優子」って強烈な名前ですよね。

すごく違和感があるのですが、私達の身の回りには人の名前のついたブランドが沢山あります。

この所何かと話題になっているトヨタもそうですし、服や鞄などのブランドにもデザイナーや創業者の名前がそのままついているものも多いです。

人(正確に言うと、創業者は亡くなっている事も多いので、単にその人が存在した家)の名前をありがたがって使っているのは妙な気もするのですが、多くの人はそれを一々気にする事なく使っていますよね。

ですから、この「焼肉 小倉優子」もこのまま出店が続けば当たり前に、「車と言ったらTOYOTA」、「焼肉と言ったらOGURA」なんて数十年後に言われ続けるようになるかも!? …ってさすがに無理かな!?

ただ同時代に生きている人は、その人や会社などの欠点も見ているので評価しない傾向にあるのですが、時代が経つと結果だけが残り、評価されるのはよくある話。「焼肉 小倉優子」がブランドになるのは、少し難しいと思いますが、きっと、今この瞬間にも私が知らないだけで、次の時代のブランドになりうる人達が努力し続けているのでしょう。

50年、100年後にブランドになるのは、今の時代の何なのでしょうね!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/03/03 20:25] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。