スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
明日は東大前期の発表日ですね。
今日は、関東地方でもスゴい雪になりましたね。雪と言えば国公立の前期試験辺りまでというイメージがあったので、3月9日にもなって雪が降るとは思いませんでした。

いよいよ明日3月10日は、東大前期試験の発表ですね。他の国公立でも明日までに前期試験の合格発表が終わっているはず…。

去年、私は合格発表を見に行かなかったので、明日は様子を見に行くつもりです。

今日書くことは、発表前に書くべきではないのかも知れませんが、明日は合格発表レポになってしまうと思うので、ちょっとだけ。

受験は、当たり前のことながら合格者数が決まっていて、点数によって優劣が判断されるので、誰かが受かって誰かが落ちるものです。

そして、特にセンター試験の足切りを突破した人達のみで競争する二次試験は、合格も不合格も紙一重です。余裕で合格する人達もいるかもしれませんが、それは東大だけで考えても約3000人のうち、ごく一部です。

私も、一昨年は一問分位の差で不合格、昨年は一問分位の差で合格と、まさに紙一重でした。特に、東大の二次は記述問題ばかりなので、どちらに転んでもおかしくありませんでした。去年受験され、東大に落ちて他大学に行った方、もしくは浪人して今年受験された方の中には、私より遥かに頭の良い方が多くいるでしょう。

明日もきっと、僅かな差で合否が分かれる人達が沢山いるはずです。

勿論、明日の発表に関しては、誰もが合格する為に勉強して来ているので合格した方が良いに決まっています。本人だけではなく、きっとご家族や友達なども喜んでくれるでしょう。

ただし、その事が後の人生にとってプラスとなるかマイナスになるかは分かりません。私が知っているだけでも、東大に落ちて他大学に行った人が、その悔しさをバネにして頑張り別の分野で成功を収めていたり、逆に東大に受かったけれども目標を失い、今度は東大の名前が重くなってしまっている人もいました。

これは試験だけではなく、商売をする上や人間関係でもそうだと思うのですが、その時は上手く行かなくて失敗したり逃げざるをえないような事があっても、それが後になって「必要だったのだな」と思えるようになる事も多いものです。

一つ一つの結果に一喜一憂したとしても、それが何をもたらすのかは時間が経過してみなければ分かりません。

これは私の経験則なのですが、自分で満足するまで努力した時は、どんな結果が出たとしても後になってプラスに繋がると言う事。逆に、適当にやって上手く行った時は、手に入れたものの扱いに困る事が多いです。

そして私自身も、こういう事を書いていられるのは、あくまで去年合格したからであり、数年後にはどのような状況にいるか分かりません。ひょっとしたら失意のどん底にいるかもしれません。

ただ、例えそうなったとしても、これまでも何度も経験してきましたが、どんな状況でも絶望せず、何かの糧になるのだと信じながら、その時の自分に出来る事をただやっていくだけです。



――なんとなく発表前に書きたくなってしまいました。ちょっとキレイごとっぽくなってしまいましたね。

偉そうな事を書いていますが、私は我儘な人間なので、皆が一生懸命やったのは分かった上で、このブログを見て下さっている方や知り合いなど、少しでも縁のある方が合格して欲しいなぁ~と心から願っています。

テーマ:★大学生活★ - ジャンル:学校・教育

[2010/03/09 20:03] | たまには真面目に | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。