スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
英語二列(C)
今日は一限から授業。やっぱり朝一は眠いです。二限は空きコマで、三限が英語二列。

この授業は、何人かの教授から選べるので(人気のある先生は抽選になります)、ガイダンスの今日は、気になる先生達の授業を回ってきました。もっとも、実際は逆評定の確認という感じですが…。

基本的に、クジ運が悪いので人気のある先生に当たるとは思えないので(ちょっと悲しい気もしますが…)、第三希望のスベリ止め(!?)が私にとっては大事になってきます。

実際、人によっては、ずっと第一希望の先生(しかも大仏など、人気の先生)が当たっているのに、私はほとんど第一希望に当たった事がありません。

今回は、どうなるのでしょうか?

いずれにせよ、数ヵ月後に良い評価が貰えていると嬉しいのですけどね。

それにしても逆評定の影響力ってスゴイものです。

「大仏」って書かれている先生の授業は、一限の総合科目にしても三限の必修の英語二列にしても、教室から人が溢れるほどですし、逆に鬼とかって書かれていると、かなりガラガラです。

先生方の中には逆評定を意識して、「大仏」とか「楽」などと書かれると厳しくしたりする場合もあるようです。

人間らしいと言えば人間らしいですが、もし教授達が逆評定を見ながら、一喜一憂していたら、ちょっと面白いですよね。

テーマ:★大学生活★ - ジャンル:学校・教育

[2010/04/09 15:17] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。