スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
それ行け!! 学食探検隊! ~電気通信大学編~
今週の水曜日、授業が終わったあと、お腹が空いていたので、久々に学食探検に行ってきました!

今回行ってきたのは調布にある電気通信大学です。電気通信大学と言ってもピンとこない方も多いかも知れませんが、電気通信学部と情報理工学部からなる国立大学です。

調布には、深大寺という蕎麦で有名なお寺があって、時々おそばを食べに深大寺へ行く際、電気通信大学の側を通るので気になっていました。

ちなみに、電気通信大学は調布駅の北口から電通大通りを直進した所にあります。
調布駅前

正面の道を5分ほど歩いた所にあります。正門は、こんな感じ。
電気通信大学正門

中に入ると、もう桜は散りかけていましたが、なかなか綺麗です。

電通大も新歓期なので、サークルの看板が立っています。ただ、そんなに活発な感じはしませんでした。
電気通信大学構内

大学構内は東地区と西地区に分かれていて、かなり広いです。建物も比較的きれいだし、自然もあるのですが…。うーん、あんまり特徴がないなぁ~と思っていると、ありました!
電気通信大学巨大パラボラ

もう使わなくなっているのか、汚れてしまっていますが、大きなパラボラアンテナらしきものが…。こういうのを見ると電通大っぽいと思ってしまうのは、私だけでしょうか?

食堂は、幾つかありそうだったのですが、一番大きそうだった大学会館にある学食へ。
電気通信大学大学会館

この建物の二階が学食になっています。

電気通信大学学食メニュー

この学食は生協が運営しているようです。って、この時は気づいていなかったのですが、生協って…驚愕の真実は、今日の最後に!(ちょっとCM風に読んで下さい)

電気通信大学学食

食堂の雰囲気はこんな感じです。11時半ごろだったせいか、まだそんなに混んでいません。工事の方や近所の人なども利用していました。久々の学食で、私が何を頼もうかと迷っていると、なんと…!

クジラのカツがあるじゃないですか!鯨カツですよ、鯨カツ!

給食にクジラのケチャップ煮が出ていた世代としては、もう大興奮!

「これを頼まなきゃ、昭和男児じゃない!」と即決し、後はカレーを選択。カツとカレー、それぞれ単品でも成立する両者がコラボしたカツカレーでさえ贅沢なのに、今回はなんと鯨カツカレー! 贅沢の極みです(笑)
鯨カツカレー

美味しそうでしょ! しかも鯨カツは231円。カレーMは252円の計483円です。さすがに鯨カツは薄めの三切れだけですが、カレーとの相性も抜群…っていうか、単に懐かしかっただけかも知れませんが、いずれにせよ嬉しかったです。

そこで、今回の評価は、

見た目   :★★★★★
味     :★★★★★
ボリューム :★★★★
値 段   :★★★★★
食堂の雰囲気:★★★
お勧め度  :★★★★★

うーん、今回はいつにも増して独断と偏見に満ちている気が…。でもいいのです。世界的な捕鯨反対運動や「ザ・コーヴ」(鯨じゃなくてイルカだけど)がアカデミー賞を受賞する時代に学食に鯨を出す勇気! その勇気を称えたい。

さすが電通大…と思っていたら鯨カツは東大でも出していました。

と言うより、以前のハントンライスの件から気になっていたのですが、やっぱり生協の学食は基本は、ある程度同じようです。

生協が運営している学食メニュー検索サイトがありました。

学食どっとコープ
http://gakushoku.coop/index.php

どこへ行っても、基本が同じと言うのは寂しい気もしますが、各大学によってオリジナルのメニューもありますし、大学には生協以外の学食もあります。

それに、調理施設やスタッフによっても味は違いますしね。反対に、生協系の学食で紹介したものについては、別の学食でも食べられますので、もし私が食べに行っているのを見て、食べたいと思った方は、お近くの大学へ行けば食べられるかもしれません。

いずれにせよ、私自身が色んな大学を見に行くのが面白く、大学紹介も兼ねて学食探検隊は続けていくつもりなので、これからも宜しくお願い致します。

テーマ:★大学生活★ - ジャンル:学校・教育

[2010/04/17 22:19] | 学食探検隊! | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。