スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
縄文時代へGO!
昨日、桜美林大学からの帰り道、多摩センター駅に向かっていると、なんとビルの上に「縄文の村」という不可思議な看板が!
縄文の村看板

さらに「あっ、縄文だ!」というあり得ない看板も。

看板のあるビルに向かって5分ほど歩いて行くと、公園の前に「遺跡庭園 縄文の村」と書いてあります。
縄文の村入口

面白そう~と思いながら入って行くと…いきなりありました!
縄文の村竪穴式住居

この竪穴式住居を見て思わず「あっ、縄文だ!」と口走ってしまいました…思うツボって奴ですね。と思ったら壺もありました(笑)
縄文の村縄文土器

この遺跡庭園の中に、全部で竪穴式住居は三つありました。中にも入る事ができます。
縄文の村竪穴式住居内部

天井はこんな感じ。
縄文の村竪穴式住居内部

ちなみに、その内の一つでは炉に火が焚かれていたのですが…。
縄文の村竪穴式住居内部

これが煙い! 入口や屋根の近くが開いているのですが、煙がこもる、こもる。

この炉が焚かれていた竪穴式住居だけ、外にスタッフらしき人がいて、中にも一酸化炭素メーターみたいなのがありました。

気密性が高いとは思えないので、一酸化炭素中毒はともかく、絶対昔の人は煙で喉や目を痛めた気がします。と言うか、私はあっという間に目は痛いし、喉もガラガラの状態に…。

もっとも、竪穴式住居で炉が焚かれていると暖かくて、面白かったので、ついつい長居してしまったのですが…。

この遺跡庭園には、展示ホールが併設されていました。
縄文の村展示ホール

普段は、あまり縁のない縄文土器が山のようにあります! 後ろの縄文人がちょっと…て感じはしますが(笑)

ここには旧石器時代の矢じりから江戸時代の焼き物まで、歴史の教科書でしか見られないようなモノが色々と展示されていました。しかも本物の縄文土器に触れるコーナーも!
縄文の村縄文土器に触れるコーナー

私もおそるおそる触ってみました。

あまりに沢山の縄文土器があったので、貴重さは感じられなくなってしまっていたのですが、それでも生まれて初めて触る縄文土器に感激!!

数千年前の誰かが作って、使っていたモノに触れているかと思うと感慨もひとしおです。もしかしたら、私、或いは知り合いの先祖の方が使っていたかも知れないと思うとワクワクしてきます!

そして、特別展示室と表された所には、縄文土器の山が…。
縄文の村縄文土器

しっかし、縄文土器っていっぱい発掘されているんですね(笑)

この縄文の村は、東京都埋蔵文化財センターという所が運営しているのですが、縄文時代の火起こし体験、縄文アクササリー作り体験、縄文土器作り教室、古代の布作り教室、縄文食教室などもやっているようです。

見学や入場は無料なので、縄文時代にタイムスリップしたいと思った方は、ぜひ一度遊びに行くのも良いのではないでしょうか?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/04/27 20:07] | お散歩 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。