スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
高認(大検)の合格成績証明書
昨日の記事の終わりに少し書きましたが、今年(平成22年)の第一回高認(高等学校卒業程度認定試験)の出願が始まりました。5月19日消印有効なので、受験される方は忘れないでくださいね。

実は昨日、大検出身の人と会っていたのですが、その時に合格成績証明書を見せてくれました。

※下の写真は私の合格成績証明書です※
大検(現高認)成績証明書

写真自体は、前に大検(高認)の記事を書いた時と同じ写真です。昨日会っていた人は私より五年ほど後に大検に合格されたのですが、その時には、すでに現在と同じように得点が点数ではなくA 80点~100点、 B 60~79点、 C 合格最低点~59点という三段階評価になっていました。

ちなみに、私は三段階評価に直すと、ほとんどBとCばかりです(苦笑)

高認を受験される方は、なんらかの不安を抱えている場合が多いと思いますが、その不安や悔しさ等をバネにして、自分なりのペースで試験と自分にきちんと向き合い、少しでも未来の可能性を広げてください。

今日は、東大一週間の更新もしましたので、もし宜しかったら、そちらも見て行って下さいね。

http://m.juken.ac/blog/todai/

最後に高認について、ちょっとだけ説明しておきます。

路傍の石の高認コーナーや東大一週間の方で書いたものと一部重複しますが、ご理解ください。

高認(高卒認定)とは高等学校卒業程度認定試験の略で、文部科学省の実施する国家試験の一種であり、合格すれば高等学校を卒業した者と「同等以上の学力」があると認定される試験の事です。

以前は、高校に行かなかったり、中退したりした人しか受験できなかったのですが、現在では高校に在学していても高認を受験できるようになりました。また、高認で合格した科目は高校の単位として認められる場合もあります(単位を認めるかどうかは学校長の判断による)。

学校生活では色々な事があると思います。団体生活に馴染める又は耐えられる人ばかりではありません。イジメなどによって引き込まざるをえない人もいますし、学費の問題を除いても金銭的に通うのが難しい人もいます。

そんな際、高校を中退しようか迷う事もあるとは思いますが、我慢して在籍し、高認の道を探るのも一つの手です。

実際に高校を中退すると世間の目の冷たさだけでなく、就職などの面で苦労する事になりますし、アルバイトすら見つけるのが難しいです。

ただ、マイナス面ばかりではありません。私も20年ほど前の大検時代に受験したのですが、その時に自分なりの勉強の仕方を身に付けた事が、後々役に立っています。小、中学校受験も経験した事がなく、行くはずだった高校も中堅の県立高校(偏差値は50前後)だった私が、こんなオジサンになって東大に合格できたのも、この時の経験が大きいです。

私は決して高認がいいから高認を受けろなどと言うつもりはありません。

大検にしろ高認にしろ、形式的には高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定されますが、実質的には社会でかなり苦労します。私も苦労しました。

それでも上に書いたような、様々な事情から中退をせざるを得ない人もいますので、今後もサイト等を通じて高認という一つの道を紹介していこうと思っています。

テーマ:不登校 - ジャンル:学校・教育

[2010/05/01 21:23] | 大検、高認 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。