スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
伝統はお好き?
今日は、図書ガイダンス。
レポート作成で資料検索が上手く出来るようになる為らしい。

これまで授業の空き時間等に図書館で、自習や不足しがちな睡眠を補っていた事はあったのだが、検索用端末の使い方や、どこにどのような本があるのかは知らなかったので(何しろ地下二階、地上四階もある!)有り難かった。

しかも、私が最も好きな明治から昭和初期頃の治療家の書もあって驚いた!
(以前、近所の図書館には置いておらず、国会図書館まで行ってコピーをしまくり、怒られた事がある)

それ以外にも、新渡戸稲造や夏目漱石が使っていた出席簿(!?)が展示されていたり、地下には二百年以上前のヨーロッパの雑誌が残っていたりと、さすが東大その「歴史と伝統」に感動。

その後、スポーツ身体運動実習の種目決めがあった。

私は東洋的フィットネスという太極拳が第一希望だったのだが、私の受ける時間には残念ながら開講されていなかった。仕方がないので、バランスボールに乗って遊んでいればいいだけという噂のフィットネスを選ぶ。

しかし申し込み後の説明で、何故かウェイトトレーニングをやると聞かされ、一気に青ざめる。

「何故今更ウェイトトレーニングなんて…。これだったら、バドミントンか卓球にしとけば良かった!」

…と思っても、すっかり後の祭り。

しかも、フィットネスが行われるトレーニング体育館は、東大の「歴史と伝統」のあるオンボロ校舎で、空調はないとの事…。


――歴史と伝統も良し悪しである。

東大トレーニング体育館
↑これがその歴史と伝統の空調なし体育館だっ!↑

テーマ:★大学生活★ - ジャンル:学校・教育

[2009/04/28 21:41] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。