スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
進フリ神社!?
今日、ある神社の側を通りました。明日から進フリの志望・不志望登録が始まるので、進フリで行きたい学部に行けるようにと神頼み(笑)

この神社の敷地は広くて、ちょっとした公園のようになっているのですが、ふと見ると公園の隅に木の枝で作られた柵のようなものを発見。近付いてみると…。
小さな鳥居

なんと木の枝で作られた柵というか、囲いの中に、きちんと主に塗られた小さな鳥居が作られています。

これって、もしかして鳥居を背中にしょってデリバリーする為の移動型の鳥居!?

誰が何の為に作ったのかは分かりませんが、子供が遊びで作ったにしては凝り過ぎている気がします。

ちなみにウィキペディアでは、

鳥居(とりい)とは、神社などにおいて神域と人間が住む俗界を区画するもの(結界)であり、神域への入口を示すもの。一種の「門」である。

とあります。鳥居も形によって色々な分類があるようで、強いて言えばこれは「鹿島鳥居」に入るのかな!?

私には詳しい事は分かりませんが、とりあえず縁起が良さそうだったので、この鳥居にも進フリをお願いしておきました。

もし、良かったら明日から進フリの方々も、この鳥居にお祈りしておいてはいかがでしょうか?

そして、進フリが希望通りになったら、ぜひこの進フリ神社のおかげと言う事で、進フリ神社として「三十オヤジの東大キャンパス日記」を紹介して下さいね。

うーん。もしかしたら、この木の枝で作られた鳥居はこのブログを「進フリ神社」として定着させる為の神様の贈り物だったのかもしれません(笑)

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2010/05/31 21:51] | 進フリ | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。