スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
東大の三つの時計台
まずは、ここで問題です。この写真をご覧ください。
東大駒場リサーチキャンパス

時計台とは違うし、安田講堂とも違う事にすぐ気付いたあなた! あなたは東大通です…って、タイトルですでに気づかれてしまっていたかもしれませんね。

そう、写真は駒場リサーチキャンパスの13号館(旧航空研本館)です。似ていると思ったら、これも時計台や安田講堂と同じ内田祥三と言う人が設計に携わっていたようです。

結局、東大の三つの時計台の設計は内田祥三という人なのですね。なんか、マニアックなクイズ番組の問題になりそう(笑)

と、偉そうに書いていますが、実は駒場リサーチキャンパスに行くのは今回が初めてでした。

先日、駒場東大前近くで、「駒場リサーチキャンパスってどこですか?」って道を尋ねられたのですが、場所が分からなくて答えられなかったので、気になっていたのです。

今日は三限からの授業でしかも小テストもなかったので、授業前にちょっと寄り道。思ったよりも、駒場東大前から離れていて、徒歩で10分近くかかりました。これまで気づかなかったのも当然です!?

生産技術研究所、先端科学技術研究センターなどのある駒場Ⅱキャンパスには、13号館のような伝統のある建物もある反面、近代的な建物もあります。
駒場リサーチキャンパス建物

駒場リサーチキャンパス建物

また古い校舎の中には、かなり味のある場所もあったりして…。
駒場リサーチキャンパス敷地内

ここなんか、雑誌や映画のロケに使えそうな雰囲気もありまよね。モデルさんを頼んで写真を撮ったら、退廃的なイメージのイイ写真になりそう。

敷地内には、オブジェもあって、なかなか面白いです。
駒場リサーチキャンパスオブジェ

駒場リサーチキャンパスペンシルロケット

ただ、個人的に一番惹かれたのは、これ!
駒場リサーチキャンパスくうかん実験棟

小さな広場みたいになっている所に、ポツンと建てられています。「大草原の小さな家」ならぬ「小広場の変な家」です。

好奇心に負けて近づいてみると「くうかん実験棟」と書かれています。土足厳禁と書かれていたので、靴を脱いで中に入ってみると…。

駒場リサーチキャンパスくうかん実験棟

なんか、綺麗。今日は天気も良かったので、気持いい!

中から外を見てみると…。
くうかん実験棟からみた風景

バードウォッチングなどに使う小屋を思い出してしまいました(笑)

今日は、時間がなかったので、あまり見て回れなかったのですが、学食もあったようなので(1000円位する、学食というよりレストランみたいな店もありました)、その内ゆっくり見て来ます!

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2010/06/10 20:15] | お散歩 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。