スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ビーフシチューを巡る冒険!?(学食探検隊番外編)
今日は一限から授業だったのですが、来週が休講になったので今学期最後の授業となりました。

講義の最後に、期末試験の範囲なども発表されたのですが、試験の形式については言及がなくて、選択式なのか記述なのかも良く分からずじまいで、ちょっと不安。

この講義だけではなく、主題科目のレポも昨日提出したのですが、一学期が終わり、試験が近い事を感じます。

今日の三限は英語だったのですが、こちらも今学期最後の小テストがあったので、お昼は食べずに図書館で勉強してました。

朝食も食べていなかったので、三限が終わると食欲の赴くまま学食の旅へ!

最初に、面白いメニューがある事が多い明治の学食へ行ったのですが、今日一日の初めの食事に相応しいメニューが見つからなかったので、泣く泣く電車へ(笑)

続いて、値段の割にボリュームがあって美味しいメニューの多い日大の文理学部に行きました。そして、そこでこの学食探検史上最大の謎に再び遭遇するのでしたぁ!!

熱心な読者の方の中には、以前「ハントンライスを巡る冒険」という記事を書いた事があるのを覚えていらっしゃる方もいるかもしれません。

あの時は、私大の雄と並び称される慶應大学、早稲田大学、そして東京大学の学食メニューに関する深い闇を、ハントンライスという小さな糸口から、この三十オヤジの知力を駆使して暴いたのですが、今回も、それに匹敵する闇が隠れているかもしれません(笑)

まずは、こちらをご覧ください。

青学のビーフシチュー

学食探検隊の記念すべき初メニューとなった青山学院のビーフシチューです。一見、ビーフシチューっぽいくない見た目ですが、味は最高でした。

それでは、こちらをご覧ください。
日大のビーフシチュー

日大文理学部の学食のビーフシチューです。なんか…似てません?

ちなみに味も似ていて、はっきり言って美味しかったです! さらに言うならば、値段も一緒の460円…。(両学食とも生協系ではないようです)

まぁ、両方とも古い伝統のある大学なので偶然なのかな!? それとも、この両校の学食の間にもなにか秘密が…。それともそれとも、どちらかがパクッ…いえ、これ以上書くと身が危なそうなので深入りするのはやめておきましょう(笑)

実は、青山学院の渋谷キャンパスは少し前から学外者の入構を制限しているようで(大学によって色々な考え方があり、一般の人の学食利用ができない大学もあったり、場合によって制限される事もあります)、ビーフシチューが食べられなくなっていたので、個人的には日大で食べれて嬉しかったです。

もし、青学のビーフシチューが食べられなかった方は、日大文理学部のある桜上水まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

※2010年11月現在、青学の学食は一般の人も利用できるようになっています。青学に限らず、大学は様々な事情により方針が変わることもありますので、実際に学食へ行かれる際は確認してくださいね※

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

[2010/07/02 20:30] | 学食探検隊! | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。