スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
この木なんの木…未来の木!?
昨日、東大に行った時に駒場博物館の前を通ると、何やら怪しげな物体があります。

先日までの大ガラス展が終わった後、展示替えの為に休館していたので、次の展示の一部なのかな~、と思って近づいてみると…。
東大future tree

これって、なんだか分かりますか?
東大の太陽光発電

近くにあった立札には、「future tree」と書いてあります。どうやら、太陽電池で電気を溜めて、夜になるとLEDが光るようです。うーん、確かに木に見えるって言えば見えるけど、ちょっと苦しいかな!?

一つ一つのパネルはこんな感じになっています。
東大太陽光発電パネル

ちなみに、今日から駒場博物館で始まった展示は、「自然エネルギーの世界 未来を拓くテクノロジー」だそうです。ついでなので、この「future tree」が夜になって輝く姿を撮りがてら、近いうちに見てきますね。

それにしても、最近学食を食べながら色んな大学を見ていると、ソーラーパネルや風力発電を使った発電や外灯などを設置している所が増えています。太陽電池などのシステムが安価に使えるようになると日本のような国には良いのでしょうね。

ソーラーパネルの自作キットなども売っているので、夏休みに私も一つ何か作ってみようかな!?

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2010/07/17 21:12] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。