スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
初めてのコミケ@C78~三十オヤジの夏コミ(混み!?)レポ~
行ってきました、初コミケ!

大学生活もコミケも、初体験と名のつくものは全てが遅いひろじぃです(笑…えない…)

まぁ、それはともかく、とりあえず行ってきました。昨日、動画だけはアップしたので、見てくださった方は多少なりとも雰囲気が伝わったかもしれませんが、今日はそのレポです。

コミケが開催されていたのは東京ビッグサイトなので、ゆりかもめで国際展示場正門駅へ。コミケは10時開場なのですが、私は9時40分位に国際展示場正門に着きました。しかし、始発で来る人達も多いらしく、すでにビッグサイト周辺には群集が…。
コミケ78ゆりかもめからの風景

国際展示場正門からビッグサイトまでは徒歩3分位のはずですが、コミケ開始を待つ人々が長蛇の列をなしている為、係員の誘導により、まさに埋立地といった感じの海辺へ。ちょうどこの時、コミケ開場の10時になり、列に並んでいる人達や待機している人達が一斉に拍手!ラッキーな事に、私は偶々動画を撮っていたので、その雰囲気も昨日の動画レポに入れる事ができました(笑)

コミケ78開場を待つ人達の風景


しかし、コミケが始まっても全ての人がすぐに入れる訳ではありません。入場規制がされている為、私も埋立地で待つことに。数百人単位を一グループにして待機列が作られ、私はH6というグループに。遠くでは、涼しげに風力発電の風車が回っているのですが、待機列は人の熱気がムンムン。昨日は幸い曇りだったから良かったものの、日差しを遮るもののない埋立地で、あの熱気だと灼熱地獄という言葉がピッタリになっていたかも知れません。
コミケ78人の熱気と風力発電

結局、私がコミケ開場に入れたのは11時20分頃でした。コミケ会場は大きく東と西に分かれているので、まずは知り合いが出展している東地区へ。これが、またスゴイ人なんです。
コミケ78東地区

うーん、まさに人の波!

配置図を見ながら、知り合いのサークルを見つけた後は、ネットで知り合った人との待ち合わせ。西地区にあるコスプレ広場という所で待ち合わせをしていたのですが、これが大変。そもそも会場がかなり離れている上、人が多くて何がなんだか…。途中、何度も係員に場所を尋ねながらやっと目的のコスプレ広場へ。

しかし、ここからがまた大変。コスプレ広場が二つあり、お互い違う場所に行ってしまったのです。周りに人が多すぎて携帯の声も聞こえずらいし、場所も広すぎるし、と半ば諦めたのですが、悪戦苦闘の末、なんとか合流。三十分位ですが、念願の「コミケdeオフ会2010」が開催できました。相手は私にとって、最近のアニメや漫画の師匠のような人だったので、短いながらも楽しい時間を過ごさせて貰いました!

オフ会終了後は、悲願のコスプレ撮影会(笑)

これが、またキレイな女の子が多くてビックリ!しかし…





ガンダムやマリオなど男の面白キャラには、「写真一枚お願いします」と気軽に頼めるのに、レオタードや制服姿の美人系のコスプレさんには、頼みづらい…。

躊躇している私の横で、デカイ一眼レフを抱えた野獣達はカシャカシャ撮りまくっています。

『くっそー、望遠レンズつけて、胸元三十センチからドアップなんて羨ましすぎるじゃね~か!!』

なんて嫉妬しつつも、私も何枚か撮らせて貰いました(笑)

もっとも、本人にネット掲載の許可を貰っていないので、残念ながら公開はできませんが、いい記念になりました。

それにしても、女性も男性もなのですが、コスプレイヤーの人達って、ほんとプロですね。写真をお願いすると、すっかりキャラになりきって最高のポーズや笑顔をくれます。普段、優しい笑みを真正面で浮かべて貰える事が少ないオジさんとしては、それだけで恋に落ちてしまいそうでした…次の冬コミにもコスプレをしているオネーサン達を撮りに行こうか真剣に悩んでます(笑)

実際、普段人物を撮らせて貰える機会は滅多にないので、写真好きとしてはモデルさんが山のようにいるコスプレ会場は、一種の天国みたいなものかも知れません。私も、次は一眼レフを持っていこうかな!?

コスプレ写真を撮り終えると、後は家に帰って…と言いたいところですが、これがまた一苦労。今度は国際展示場正門駅が入場規制をしていて並ぶ事に。
コミケ78帰りのゆりかもめ

さらには新宿から京王線に乗ろうとしたら、EXILEのコンサートが味の素スタジアムであったらしく、これまたラッシュ並の混み方。人波にもまれ続けた一日でした。

人の多さにもビックリしたコミケだったのですが、もっと驚いたのがマナーの良さ。昨日の来場者数は19万人にものぼったのに、ゴミなどが、ほとんど捨てられていないし、トイレもキレイでした。

さらに、スタッフの人達の対応も良くて、十数人に道を尋ねたりしたのですが(いや、ほんと会場内で目的の場所に移動するのはわかりづらいのです)、みんな丁寧に教えてくれました。

1975年以来30年以上も続いているモノを作ったり、表現したい人達にとって大切なイベントは、こういう人達に支えられているのかなぁ~、なんてちょっと思ってしまいました。

初体験では失敗する事の多いひろじぃですが、コミケの初体験はなかなか…というかかなり好印象だったのでした(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/08/15 20:38] | はじめての○○ | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。