スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
世界大学ランキング
昨日、ヤフーニュースを見ていたら中国の上海交通大学が毎年行っている世界大学ランキングが発表され、アメリカのハーバード大学が8年連続首位で、日本では東大が20位、京大が24位にランクインしているとの事でした。

この世界大学ランキング、名前だけは聞いた事があったのですが、中国の上海交通大学という所が主催しているとは知りませんでした。Wikiペディアで見てみたら、

『国家重点大学であり、理工系の伝統が強く、清華大学、北京大学に次ぐ難関校』

との事。うーん、でも中国の三番目の大学が、なぜ世界大学ランキングを発表していて、それを多くの人が意識してしまうのでしょうか、というのが素朴な疑問。

まさか江沢民の母校だからという理由ではないと思うし…(笑)

この世界大学ランキングはノーベル賞受賞者の数や引用された論文数などに基づいて順位付けをされていて理系寄りだという事を、東大の教官からも聞いた事もあります。

理系では一年からALESSという自分で実験を考え、英語で論文をまとめるという、かなり厳しい授業があるのですが、この授業の目的が外国で通用する論文を増やし、世界大学ランキングを上げるという面があると聞いた事があるのですが、実際の所はどうなのでしょうね。

他にもイギリスの英語専門誌タイムズ・ハイアー・エデュケーションというのも世界大学ランキングを発表しているらしく、こちらでは東大が22位、京大が25位だそうです。

ちなみに、2010年現在の国連加盟国数は192ヶ国です。そして日本の大学数は2007年の段階で756校だそうです。

勿論、各国によって大学数はかなりばらつきがあると思うので、世界の大学数は分からないのですが、まぁ、かなり多いのは確かでしょう(笑)

その中で20位というのは高いのか? それとも低いのか?

事業仕分けで、2位じゃダメなのですか?と言っていた人もいますが、20位はどうなのでしょう!? 

皆さんは、どう思いますか?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/08/20 19:16] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。