スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
スイッチョの襲来
今日は久しぶりに朝のラッシュの時間帯に電車に乗りました。

やっぱり満員電車は辛いなぁ、これで本郷に通うようになったら、毎日通えるのかな、なんて思いながらドアの上をふとみると、なんと緑色をした体長5センチほどのスイッチョが…。

思わず、「ヒィッ!」と叫びそうになってしまいましたが、そこは日本男児です。恐怖を押し殺したのですが、見たくないのにスイッチョが飛びそうで目を離せません。

また、このスイッチョが悪いやつで、体よりも長く不気味なヒゲ(触角)を、ユラユラと幻惑するように動かし続けていたのです。

そして、ガタンと電車が揺れました。なんと、スイッチョがピョーンと壁から飛んだのです。

私とは違う方向に飛んだのですが、私は思わず、ビクンと体を大きく揺らしてしまいました。

混んだ電車の中で、いきなり体を大きく揺らした私は、不審者状態。周りの人達が、私から微妙に距離をとろうとしているのが感じられました。

「違うんです! スイッチョが襲ってこようとしているんです!」

そう叫びたかったのですが、私の強靭な理性がそれを抑えました。

それに、周囲の人にスイッチョの襲来を伝える前に、飛び立ったスイッチョがどこに行ったか確認しなければ、私の身が危険でした。

すると、あろうことかスイッチョは、私の左手前の青いポロシャツを着た坊主頭の男性の襟元に止まり、挑発するようにヒゲを揺らし続けているじゃありませんか!

叫びたい気持ちを必死に抑え、車内が揺れてもヤツに近づかないように、私は吊革につかまって必死に踏ん張っていました。

すると私の努力をあざ笑うかのように、またスイッチョが飛んだのです。

「ヒィッ」と小さく叫んで、私はまたビクンと体を大きく震わせてしまいました。

周囲の人達の私への不信感が強まるのを感じました。しかし、私は見たのです。私以外にも、スイッチョが見た瞬間、恐怖で体を硬直させた人を!

そう、スイッチョに恐怖を感じていたのは、私だけではなかったのです。

スイッチョはその後、見失ってしまいましたが、これでもし私が叫び声を上げても、彼は分かってくれると思い、ホッとしました。

次の駅に着くと、私は人をかき分けるようにして一旦電車から降り、別の車両に移動しました。

普段は電車酔いなどしない私なのですが、今日は、この一件ですっかり疲れてしまい、電車酔いをしてしまいました。





と、ちょっと大袈裟に思われるかもしれませんが、ホント、スイッチョとか苦手なんですよね。

皆さんは平気ですか?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/09/21 20:12] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。