スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
国勢調査と日本国勢図会
10月1日が5年に一度の国勢調査の日ですね。

昨日、ウチにも国勢調査員がきて、調査票をもらったので、さっき記入して提出しておきました。

今回は、39歳で大学生、大学院生にチェックを入れたので、なんか後で問い合わせが来そうな気も…。でも、まぁ、今は色んな年の大学生も多いですし、社会人から大学院生という方も多いので、大丈夫でしょう。

そう言えば、昔、日本国勢図会を見ているのが好きだった時期があるのですが、その頃は漠然と国勢調査と関係あるのかなぁ、とか思っていたのですが、別物だったのですね。

ちなみに、国勢調査が政府によって最初に行われたのは1920年(大正9年)、日本国勢図会は矢野恒太という人によって1927年(昭和2年)に編纂されるようになったそうです。

個人的には人や世の中をデータで見るのも面白いですが、やっぱり生身の人間や世情を見る方が面白いなぁ~って、最近つくづく思うようになりました。

でも人口も多いですし、国や企業が方針を定める時には、個人を向くよりも、データとして人間の集団として考えなければいけない時もあるのでしょうね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/09/25 20:33] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。