スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ビブリオバトル!?
今日、知り合いの息子さんがビブリオバトルで優勝して読売に載っているというメールを頂きました。

ビブリオバトルって何?って思いながら図書館に行って読売新聞を見ようと思ったのですが、残念ながら先客がいて見れませんでした。そこで情報教育棟でネットを見てみるとありました!

どうやら本を読んだ感想を一人ずつ紹介して、誰の紹介した本が一番読みたくなったのかを競う知的書評合戦のことだそうです。

確かに、ビブリオ( biblio)って書籍と言う意味だし、納得って感じです。

ビブリオバトルとは2007年に京大から始まったらしいのですが、今回の優勝した方は、「スティグマの社会学」という本を紹介したそうです。この本はコミュニティーから疎外されて生きる社会的少数派の人々を描いているらしく、中高一貫教育の男子校で人間関係に悩んでいる時にこの本に出会ったそうです。そして、この本がきっかけで、国際関係学科で「少数派」を学んだ、と読売オンラインには書いてありました。

私の書いた37歳中卒東大生も、いつか誰かの役に立って、こういう風に紹介して貰える日が来ると嬉しいなぁ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/11/04 23:19] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。