スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
路傍の石はでっかいどー!
今日は、一限、三限、四限と授業だったのですが、三限は休講。

一限の後、四時間ほど空き時間が出来てしまったのですが、今日は体調が悪かったこともあり、学食探検に行く気にはなれませんでした。四限の授業も出席などをとるわけではないし、自主休講しようかと帰りの井の頭線にのると…。

ドアの上に京王歴史散歩みたいな広告があり、吉祥寺にある山本有三記念館が紹介されていて、路傍の石もあるとのこと。

路傍の石って本当にあったんだ!?

ここの所、色々と悩んでいる事もあったので、気分転換に井の頭公園に行ってみるのもいいかもしれないな、ふとそう思うと、そのまま吉祥寺まで行ってみました。

駅から降りて、ビルの間を抜けると井の頭公園にでます。天気は良くなかったのですが、紅葉が残っていて絵を描いている人やカメラを片手に散歩している人達がいます。
井の頭公園

この井の頭公園を抜けて、玉川上水を三鷹方面に歩いていきました。
玉川上水

駅から十五分位した所に、山本有三記念館…

…というか、いきなり登場したデカイのが路傍の石!?
路傍の石

なんか、イメージと違って儚さがない。下手したら道を塞いでしまいそうです。実は、サイトの名前に路傍の石を借りておきながら、まだ小説を読んだ事がないのですよね。というのも、サイト名の由来は彼の小説を読んだからではなく、子供の頃に母が「光さす路傍の石にも希望有り」という私の名前を使った歌を作ってくれたのが印象に残っていて、使わせていただいたのです。

それにしても、石というより岩といった感じなのでビックリしてしまいました。

建物も石に負けず!?立派でした…これもイメージとは違いました(笑)
山本有三記念館外観

大正時代に建てられた洋館を山本有三が購入したらしいです。入館料は三百円だったのですが、せっかくなので入ってみると…。
山本有三記念館原稿

路傍の石の原稿などが飾られていました。

この当時の洋館って趣がありますよね。
山本有三記念館館内


洋館の中の和室もイイ感じ。
山本有三記念館和室

山本有三記念館机と椅子

執筆に使っていた机と椅子だそうです。この景色を見ながら執筆していたのかな?

前田邸や旧安田邸なども好きなのですが、いつかこういう所に住んでみたいなぁ、なんて思ってしまったのですが、現実には引っ越しもままならないのが辛い所です(苦笑)

帰り際に、受付で新潮文庫の路傍の石が売っていたので買ってきました。
新潮文庫の路傍の石

書籍と石の夢のツーショットです!いや、この手はサイト路傍の石管理人の手なので、奇跡のスリーショットです(笑)

路傍の石というより、路傍の岩のパワーのおかげか、少し元気が出てきたので、帰りに四限の授業にも出席。もっとも、講義中は買ってきた本を読んでいましたが…。

路傍の石はイメージとは違いましたが、どうせなら、洋館の前で佇む牛のような風格を醸し出していた路傍の石のように、ウチのサイトもでっかいど~にしたいです!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/12/16 21:39] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。