2009年第82回 五月祭レポ
今日ようやく授業がひと段落。基礎演は緊張しまくりで、いい年して情けなかったが、他の二人の助けで何とか乗り切れた…と思う(笑)
もうちょっと大人の余裕みたいなものが身につけばいいのだが、性格的に無理がありそうだ。

さて、五月祭のレポを公開します。と言っても今回は色々とあって、思っていたように動き回る事が出来ず、他サイトさん達の力をお借りしてまとめます。

30日(初日)

クラスの買出し係をだったこともあり、新フェスの時と同じく、朝から新大久保駅へ材料を買いに行く。
荷物を持って本郷へ。既にテントなどの準備は出来ていた。しかもなぜか、看板部分に私よりうまい折紙を用いた飾り付けがしてある。
「私なんか本見たって折れないのに、何故こんなに上手いのがあるの?」と、ライバル心メラメラ(笑)誰が折ったのか気になり、ついでに折り方も教えてもらいたかったのだが、実際教えてもらっても折れそうもなかったので諦める。

荷物だけ置いて、私は折紙サークルへ。サークルの方も朝から準備が整っていた。前日完成していなかったタージマハルも綺麗にできていて、私のもかざってあった。

ちなみに前日の折紙サークルの様子はこんな感じでした。
本郷での組み立て開始(こんな感じで始まりました)

東大折紙サークルoristタージマハル

これは上の屋根部分。綺麗でしょう?
東大折紙サークルoristタージマハル

こんな感じで手を入れて上の部分を織り込んでいた。
東大折紙サークルoristタージマハル


看板もまだ出来上がっておらず、当日はこれに巨大なウサギがくっついた!
東大折紙サークルorist看板

東大折紙サークルorist看板

この日、これまでまだゆっくりお話しをした事がなかったサークルの暗黒王子さんとお話する。
この方、テレビチャンピオンにも出た事があるそうです。折り紙について色々な事を教えていただきました!
そのうち私にも記念に、何かいらなくなった折紙作品…おひとつ戴けないでしょうかね…。

さて、当日、皆の作品が揃った所で記念に写真をとらせてもらった。

これがタージマハル!
東大折紙サークルoristタージマハル

王蟲だ!
東大折紙サークルorist五月祭

どんどんいきます!
東大折紙サークルorist五月祭
東大折紙サークルorist五月祭
東大折紙サークルorist五月祭
シーラカンス見事でしょう?
東大折紙サークルorist五月祭
東大折紙サークルorist五月祭
東大折紙サークルorist五月祭
皆うまいのばっかり! 
何と、中には私の拙作にもカメラを向けてくれる方まで居て、嬉しかったです!

タージマハル制作過程や作品は、そのうち折紙サークルHPでも公開されると思うので、楽しみにしていてくださいね。

さて、写真を撮ったあとは、サークルとクラスの方を行ったり来たりしていた。

午前中には、このブログを見てくださっている方がきてくださることは知っていたのだが、何とブログのお友達を引き連れてご到着。ゴマダンゴを買っていただいた御礼という訳ではなかったのですが、せっかくなので折紙サークルへご案内。勿論、皆さんとは初対面だったのだが、個性的な方が多くて面白かったです!

ちなみに、その様子を見て、クラスメイトが即席で看板を作りだした! こちらは戴いた写真から。
東京大学五月祭
ただ、悲しい事に私は有名人でもないし、宣伝で名前が使えるほどブログも大きいわけではないので、今回はやめてもらったのだが、次の駒場祭にもしクラスが出店するなら、その時までに名前を使ってもらえる価値があるくらい、サイトを大きくしたいなあと思った。今はそういう事をするにはあまりに中途半端だからな…。アクセスアップ頑張ろう…と改めて心に決めたのだった。

御一行様とお別れしたあとは、また別のブログを見てくださっている方から声をかけていただいた。
今後の仕事の話などを話したり、また貴重なお話を聞く事が出来て嬉しかった!

昼は農学部へ。うなぎを食う。
東京大学五月祭

農学部は道路を渡らなければ行けない場所なので、閑散としていたのだが、それも出店する側は計算の上か、面白そうな企画が多かった。

うなぎは美味かった。2Fだというのに入り口から煙が充満していて、その煙に釣られるように客が迷うことなく売り場へ向かっているのが何だか面白かった。売り場奥は変わった水族館になっていた。

他にもご紹介。
東京大学五月祭

外まで並んでいた利き酒
東京大学五月祭

帰り際、雨で鞄がぬれていて、せっかく持っていっていた教科書等がヨレヨレに…。ショック。
私だけではなく、他の人たちも被害にあったのでは!?
東京大学五月祭


31日

二日目も同じように新大久保へ買出し。
一日目に、クラスメイトがゴマダンゴ屋で「折紙の場所はどこか?」と聞かれたという話を聞いて、「そういえば、本郷ってイベントの場所があまりに分りづらいよな…案内って言っても、パンフとポスターぐらいだし…」と思い立つ。

実際、私も前日歩いていて、道や場所を尋ねられる事も多かったので、急遽ダンボールにマジックで折紙美術館と書いただけの味もそっけもないような(!?)看板を作ってもらい、サークルとクラスを行き来する時に持って歩く事に。

すると早速反応が。「気になっていたものの場所が見つからなかった」という方達から声を掛けていただく。中には、ベビーカーを持ったお母さんも多く、急遽階段のベビーカー運び係りへ。
何度か運ぶうち、「確かに折紙だったら小さいお子さんを連れた方が見に来てくれる可能性高いよな…。三階だと躊躇しちゃった人も多かったのではないだろうか」と少し残念。

お昼頃、クラスメイトから「女子大生のお客さんが来た」とメールで連絡をもらったので戻ると、既にそこにはおらず、しかも面白がったクラスメイトが私がいないのをいいことに、勝手に「彼はダンディで格好イイってハードルをあげときました(笑)」とからかわれる。クラスやサークルとは関係のない所で、東大の学生さんから「ブログ見てます」って言ってもらうのは本当に少ない。
そんなわけで実際に来てくれた時には嬉しかった。

しかし同じ文Ⅲと聞いた瞬間、私はとっさに翌日一限のレポート提出(この講義はクラスで私しか取っていないので、シケプリなどを頼る相手がいないのである)の事が浮かび、思わず「シケプリ交換できるよね!」等と学園祭と全く関係のない事を口走る。後になって折紙サークルを紹介する事すら忘れていた事に気づき後悔。

しかも、ゴマダンゴを買ってくれてたので、私も代わりに相手のクラスで販売していたチュロスを買わせてもらったのに、写真を撮る事すら忘れてしまう。ホント、いい年して私は何をやってるのでしょうね。

今回は色々な方と縁があった。一日目、二日目とゴマダンゴ屋、折紙サークルで声を掛けてくださった方が他にもいてくれて、本当に嬉しかったです!

午後からはカミさんが来て、折紙サークルに案内。カミさんは大喜びしていたが、私はめちゃくちゃ照れた。前日、行きそびれてしまった某ブログの方のお店へ。だがさすがにカミさん連れて声を掛けるのは照れもあり、カミさんに買ってきてもらうことに。

燻製の卵とソーセージをいただく。
東京大学五月祭出し物
味最高でした! もしまた駒場祭等に出店していたらオススメです。

燻製を食べ終わり今度はレゴ部へ。
レゴ部はすごかった。折紙がアナログなら、レゴ部はデジタル独自の魅力がある。
東京大学五月祭

これが駒場キャンパスマスコットのユータスくん。すごい迫力!
レゴ部の様子はこちらのブログが詳しく載せているようなので、よかったら見てくださいね。
ちなみに、このブロガーの方、折紙サークルの記事も書いてくださっていました! 綺麗に写真を撮ってくれていて、紹介してくださっています。折紙サークルの記事はこちら

レゴ部を後にし、安田講堂を見終わり、さて次は他を見て回ろうかと思っていると、突然バケツをひっくり返したような雨。
そしてカミさんの妹夫婦からメールが入り、急遽五月祭に来てくれる事になり、ほぼ一年ぶりの対面となった。
ただ、せっかくきてくれたというのにあの大雨。待ち合わせの医学部本館へ移動し、そこでいったん雨宿り。

外は傘をさしていても歩けないような大雨。

外で出店していた人たちは皆大騒ぎ。テントに入ったり、近くの建物へ避難していた。
東京大学五月祭

そんな中でも頑張ってパフォーマンスを続けるサークルも。格好よかったです!

東京大学五月祭

雨は結局夕方まで降り続き、お客さんも雨足が弱まると帰ってしまう人が多く、出店していたクラスも最後の叩き売り(!?)で盛り上がる事すら許されなかった。多くのクラスが早い時間からテントをたたみ始めていた。

うちのゴマダンゴ屋も、思っていたほどは売る事が出来なかったようで、大変そうだった。
販売促進の為に、今回女子もチャイナ服を着てくれた人達がいたのだが、本当は嫌だった子もいるだろうに…、皆の頑張りが報われなかったのは本当に残念だった。特に五月祭委員をやってくれた人たちは最初から最後まで本当に苦労続きだった。

勿論、大変だったのはウチのクラスだけではない。多くのクラスがどこか後味の悪いような様子でテントを片づけていた。

一方、折紙サークルも方も人手が少なかったようで、お昼ごはん等も殆ど食べられない状態で頑張っていたらしい。
今回出店したタージマハルは、残念なことに五月祭が終ると保管場所がないため、壊してしまったらしい。実は前回のジオスフィアも同じ理由で壊してしまったそうだ。

駒場祭と来年の五月祭は、天気に恵まれるといいですね!

以上、2009年五月祭レポでした。

五月祭の様子はこちらのサイトでも詳しく紹介していますので、よかったら見に行って下さいね!

また、新型インフルの事等もあったのに、少人数で最後まで頑張ってくださった五月祭実行委員の皆様、本当にお疲れ様でした!

テーマ:★大学生活★ - ジャンル:学校・教育

[2009/06/02 23:50] | 五月祭 | page top
| ホーム |