スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
六旗の下に
私の通う身体教育学コースには、東大応援部の主将の人もいます。今日、六旗の下にという東京六大学の応援団が一同に会して、普段は他の運動部などを応援している応援団が、自分達の応援の技術を披露するイベントがあったので、私も見に行ってきました。
日比谷公会堂

これが、すごい人気!

二時入場開始で三時開演だったので、二時半頃に行ったのですが、すでにほぼ満席状態。応援グッズなどを買っている人達もいました。入口はこんな感じ。
六旗の下入口の様子

なんとか二階席の奥の方に開いている場所を確保し、着席。
六旗の下パンフレット

入場時にもらったパンフレットを見ていると、どうやら二部構成のようです。

実は、六旗の下にというイベントの詳細は、何も知らなかったのですよね。中には今回の六旗の下にのDVD販売のチラシも入っていたのですが、なんとそれがDVD三枚組。

…なんだか、嫌な予感が。

追い打ちをかけるように、周囲の人の話声が…。

「終わるの10時半頃かな」

「長いから、途中寝そうになる時があるんだよね」

…えっ…そ、そうなの!?

パンフなどには終了時間など書いていなかったので、慌ててスマホで調べてみると、なんと六時間位かかるとのこと。

てっきり二、三時間で終わると思っていた私はビックリ。六時間も座っていたら、腰を痛めてしまいそうです。

どうしようかなぁ~って思っているうちに、六旗の下にの第一部、ステージドリル&チアリーディングステージが始まりました。
ステージドリル&チアリーディングステージ

みんな華やかなだけじゃなく動きも統一されていて、各大学の頭文字の英語を形成しながら、パフォーマンスが続いていきます。

思わず見とれているうちに、20分ほどで第一部は終了。

あれ!?やけに早いな。六時間は間違いだったのかな…と思っていると、5分ほどの休憩が終わって、第二部の開演。

第二部は各大学ごとに、校歌・応援歌・拍手紹介が行われます。まず、最初に出てきたのが、明治大学。
六旗の下明治大学
 
力強く楽しそうな応援でした。これまた見とれているうちに、30分強で終了。

続いて登場したのが、東大応援部!
六旗の下東京大学

チアリーダが応援に華を添えて
六旗の下東京大学

盛大に盛り上がっているうちに、終了。
六旗の下東京大学

…と、私はここで満足。

他の大学の応援も面白そうだったのですが、これ以上見ていると腰を痛めてしまいそうだったので、帰ってきてしまいました。けっこう、年配の方もいらっしゃったのに、みんな六時間も大丈夫なのかな!?

東大応援部は、練習も厳しいので新入部員があまり入らない、と聞いていたのですが、今日のパフォーマンスを見ていたら、憧れて入る人が増えそうな気が…。

六旗の下は毎年恒例のイベントのようなので、興味のある方は一度くらい行ってみてはいかがでしょうか。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

[2011/06/18 22:58] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。