スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
物事を伝えるって難しい!?
今日は一限から授業。来週はこの授業も期末試験なのですが、試験の時に電車がちゃんと来るか、かなり不安。ただでさえ、8時半までに大学につくのは大変なので、大学近くの安宿を借りるか真剣に悩んでしまいます。

二限目は、今学期サボりまくった授業。サボったと書くと聞こえが悪いのですが、毎週木曜日が締め切りの身体のレポがあり、それを書くために大学のPCルームにこもってたんです(泣)

実際、先学期に二限の担当教官の授業を受講していて、講義の内容が似ていたというのもあります。この先生は、現在の社会の中ではコトバを使って自己を認識・確立するしかないが、コトバというものは他人(社会)のものであり、自己を伝えようと思っても齟齬が起きて無理があり孤独を感じざるを得ない、といった趣旨のことを、社会の様々な現象や若者の苦悩などとリンクさせながら繰り返し、伝えています。

今日の授業でも、拒食や過食などの摂食障害、リストカットなどを自分を確認する手段として講義を進めていたのですが…。

個人的には良く分かるし、間違ってはいない気がします。でも、何かが違うというか、違和感を覚えるんですよね…。

先学期も感じていた違和感だったので、何故だろう…って考えていたら、今日の授業に出ていた時に気付きました。図式を単純化しすぎている気がしたのです。

本当は、先生は他の原因や要素があることは分かっていても、講義のために分かり易くシンプルにしていたのだと思いますし、他の講義も多かれ少なかれそういう要素があるのですが、この講義に関しては、自分が若い頃に悩んだり、体験したような事が多いので、なんとなく気になってしまうんですよね。

って、私自身がブログで先生の授業を紹介するために、上のようにかなり単純化して書いているので、物事を伝えるって本当に難しいのですよね。

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2011/07/13 20:23] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。