スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
モーションキャプチャーでヘトヘト!?
今日は二限から授業。久しぶりに本郷のメトロ食堂でお昼を食べると何だか懐かしい気分に。私にとっては、ここも思い出の味の一つになるのかな(笑)

午後は身体の演習。今回の課題はモーションキャプチャー。そう、体にマーカーをつけて動きを解析するって言う、アレです。先日公開された猿の惑星:創世記でもモーションキャプチャーを使って動きを取り込んでいるのですが、スポーツ選手の動きの解析だけでなく、ゲームや映画などでも利用されています。

しかし、モーションキャプチャーの結果としての作品を見る機会は多いのですが、実際にモーションキャプチャーを行える機会はなかなかないですよね。

だから、この実習を楽しみにしてたのですが…。





いや、実習は面白かったのです。被験者になった人の体の各部、頭部、肩、腕、大転子(大腿骨の付け根の部分)、膝、足首などにマーカーをつけて、五台のカメラを使って動きを補足し、被験者が足を振ったり、ジャンプする動きをコンピューターに取り込む。

そう、滅多にできない経験で面白かったのです。しかも、今回はデータ収集だけで、来週それを解析する授業なので、今日はレポもなし。言うこと無いはずなのですが…。





待っているのに疲れてしまいました。

一グループ五人ほどで、四グループに分かれて順番に実習を行ったのですが、順番を決めるジャンケンで負けてしまい、私のグループは最後。

モーションキャプチャーは、測定の為にマーカーをつけたり、体の各部のマーカーをきちんと認識できるように調節したりと、準備にすごく時間がかかるのです。

結果、実習開始まで二時間ほど待つはめに。授業は4時40分までのはずが、終わったのは5時半近く!

…と、ちょっと愚痴ってしまいましたが、貴重な実験ができて本当に面白かったです。

ただ、ちょっと複雑なデータだと思うので来週の解析が怖いかも!?

レポで泣くことにならないといいのだけど…。

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2011/10/13 20:33] | 日記 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。