東京農業大学「食と農の博物館」
学食を堪能した帰り道、正門脇にあった看板に魅かれて食と農の博物館へ。すると、いきなり強烈な鶏のお出迎え(笑)
東京農業大学ナレースワン大王鶏<br />

ナレースワン大王鶏というタイのアユタヤ王朝21代王ナレースワンに由来してつけられたらしいタイの人々にとっては縁起の良い鶏らしいです。

もっとも、私としては入口脇で飼われていたチャボや鶏の方が好きでした。
東京農業大学にいた鶏

親鳥のお腹に潜り込んでるひよこって可愛くないですか!?

食と農の博物館の中に入ると、こんな感じ。
東京農業大学食と農の博物館内

繭に関する企画展をやっていたのですが、子供の頃にカイコを飼っていたことがあるので、懐かしくなってしまいました。それにしても、綺麗ですよね。
東京農業大学繭から作ったランプ<br />

カイコの繭からシルクが作られる課程も展示されてました。

東京農業大学繭からシルクのプロセス

もう一度、カイコを飼ってシルク作りに挑戦してみようかな!?

さらに、五感でフルーツを体験するコーナーもありました。
東京農業大学繭からシルクのプロセス

ドリアンの匂いを体験できるコーナーも。
東京農業大学ドリアンの匂い体験

恐る恐る嗅いでみると…。



無理です。フルーツの匂いではありません!!
イメージですが、プールの足拭きマットを半乾きにしたような…。まぁ、好みは人それぞれってことでしょう。

二階には、稲やお酒に関するコーナーがあり、日本史にも出てくると唐箕や足踏み脱穀機が展示されてました。
唐箕や足踏み脱穀機
 
農大卒業生の蔵元の銘酒紹介コーナーですが、お酒好きの人には堪らないのかな。
東京農業大学銘酒紹介コーナー

食と農の博物館の隣には、バイオリウムという施設がありました。バイオリウムのバイオは「生き物」、リウムは「空間」ということで、生き物空間だそうです。中は熱帯植物園といった感じ。
東京農業大学バイオリウム入口

東京農業大学バイオリウム内

しかし、植物だけではなくキツネザルの一種のワオレムールやリクガメも。

そして、驚いたのが木がガサガサ揺れていると思ったら、樹上に1メートル以上の巨大なグリーンイグアナが…。
東京農業大学のグリーンイグアナ<br />

規模としては小さいですが、このバイオリウムもなかなか面白かったです。

食と農の博物館は、東京農大の敷地外、馬事公苑の側にあるので、キャンパスに入るのはちょっと…っていう人でも気楽に入れるのではないでしょうか?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2011/08/14 21:18] | 大学博物館見学 | page top
真空から生まれる科学と技術
今日、キャンパスを歩いていると駒場博物館の前に看板が立っていました。
自然エネルギーの世界 未来を拓くテクノロジー看板

「真空から生まれる科学と技術ーアリストテレスからカミオカンデまでー」だそうです。

この前のエコ発電等を特集した「自然エネルギーの世界 未来を拓くテクノロジー」展から、一ヶ月ほど展示品の入れかえで休館だったのですが、先週末から新しい展示が始まっていたようです。せっかくのネタだったので、さっそく行ってみました(笑)

中には面白い実験器具のようなものが沢山並んでいました。
自然エネルギーの世界 未来を拓くテクノロジーの様子1

自然エネルギーの世界 未来を拓くテクノロジーの様子2

それに、カミオカンデの光電子倍増管もありました。
カミオカンデの光電子倍増管

カミオカンデはニュートリノを観測するための観測装置で、小柴昌俊東京大学名誉教授がノーベル賞を受賞した研究のもとになったものだそうです。

…すみません、この辺の科学的知識は全くないので、正直、今回の展示は見ていてチンプンカンプンでした。

でも、昔の人の研究に対する息遣いみたいなものが感じられて面白かったです。

この展示は、12月5日まで行われるだけでなく、11月19日には、この「真空から生まれる科学と技術」をテーマに、高校生のための金曜特別講座も開かれるそうです。

高校生以外も参加できるので、私も参加してみようかな。

ちなみに、今日は授業が終わってから某大学の学食へ。ナイトサファリならぬナイトキャンパスです(笑)

近いうちに記事にしますのでお楽しみに!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2010/10/19 22:01] | 大学博物館見学 | page top
「自然エネルギーの世界 未来を拓くテクノロジー」展
昨日、未来の樹の動画をアップしましたが、現在駒場博物館では特別展として「自然エネルギーの世界 未来を拓くテクノロジー」展が開催されています。
自然エネルギーの世界 未来を拓くテクノロジー」展

私が見に行った7/31には、気象予報士の森田さんの地球温暖化をテーマにしたトークショーも行われたようです。残念ながらトークショーは見れなかったのですが、展示はなかなか面白かったです。

例えば、色んな形のソーラーパネルに加えて、本当に木の葉のようなソーラーパネルも飾ってありました。
東大駒場博物館木の葉型ソーラーパネル

ソーラーパネルと言うと、屋根の上についているタイプばかり想像してしまうのですが、こういうのも面白いですよね。

勿論、自然エネルギーですので、太陽だけではなく生物由来の資源であるバイオマスの説明やバイオマスを用いたバイクや工業製品もありました。
東大駒場博物館バイオマスのバイク

それに風力発電の風車などもありました。

今回の特別展では、著名人によるトークショーだけではなく、小中学生向けの実験講座などもあり、夏休みの自由研究の宿題にも最適かも知れません。興味のある方は、駒場博物館のサイトを見てくださいね。

http://museum.c.u-tokyo.ac.jp/exihibition.html


追記
昨日公開した未来の樹の動画がヤフーの映像トピックスで紹介されました!
嬉しかったので、思わず記念に画面をキャプチャーしちゃいました(笑)クリックすると大きくなります。

ヤフー映像トピックス

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2010/08/03 19:30] | 大学博物館見学 | page top
東大駒場博物館の「Future Tree~未来の樹」
昨日、ザリガニ釣りをした帰りに、せっかくなので以前ご紹介した東大駒場博物館の未来の樹の夜の姿を撮って参りました!

真夜中は別の顔というシドニィ・シェルダンの小説もありましたが、まさに真夜中は別の顔でした(笑)

写真では、ちょっと雰囲気が伝えられそうになかったので動画でご紹介。(映像の一部が切れていますが、映像をダブルクリックするとyoutubeに飛び、切れてない映像が見れます)



点滅の速度が早くて、ちょっと面白いでしょ!?

駒場博物館では、7/17~9/30まで「自然エネルギーの世界 未来を拓くテクノロジー」展をやっているので(これも先日見てきたので近いうちに記事にしますね)、その一環として未来の樹も作られたようです。

せっかくなので、展示期間後も残るといいのですが、どうなのでしょう!?

もし、興味のある方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2010/08/02 21:23] | 大学博物館見学 | page top
駒場博物館@東大
二ヶ月ほど前、駒場博物館に展示されている大ガラスをご紹介したのですが、その時、私はあまり大ガラスに惹かれませんでした。

しかし、ふと駒場博物館の前を通ると面白そうな看板が立っています。

駒場博物館入口

「ガラスを透して見えてくるもの」と書いてあります。気になったので見てみると…。

デュシャン大ガラス

デュシャン大ガラス資料

大ガラス制作の過程に使われた膨大な資料が展示されています。

元々、デュシャンの大ガラスについては、英語一列の授業のリスニング教材で触れられていただけに、なんとなく親しみもあります。

正直、今でも私には作品の良さ自体は分からないのですが、ただ多くの人の情熱や想いのようなものは伝わってきます。

手描きの資料などを見ている内に、ふと自分も制作に関わっていたようなノスタルジックな錯覚に浸ってしまいました(笑)

駒場博物館は、旧制一高時代の図書館として建てられた建物とのこと。
東大駒場博物館内部

普段は、ほとんど人が入っていませんが、これまできっと多くの人が利用してきたのだろうなぁ~と思うと、こちらも感慨深いものがあります。

現在は、大ガラス展以外にも「古瓦・古鏡」展が行われています。
東大駒場博物館古瓦、古鏡展

こちらは古瓦。なんか格好いい!?
東大駒場博物館古瓦、古鏡展

また二階では古い実験や計測の機器が展示されています。
東大駒場博物館展示物

それに、ちょっと気持ち悪いかもしれませんが、骨格標本などもありました。
東大駒場博物館骨格標本

長いのは蛇の標本ですよね!? 昔、蛇の抜け殻を集めて喜んでいたのですが(蛇の抜け殻が宝物だったのです)、骨って、こんな感じになってるのですね。

ところで、こういった骨格標本ってどうやって作るのだろうとふと思い、ネットで作り方を調べてみたのですが、うーん。

エグイですね(笑)

煮沸したり埋めたりと色々な方法があるようですが、ちょうど私がネットで見つけた作り方は、カツオブシムシという虫に食わせるものでした。ウジに食わせるのを紹介しているサイトもありました。

まあ、考えてみれば綺麗な形を保ったまま骨だけにするのですから、ねえ…。

これらの展示はいずれも6/25までのようなので、興味のある方はぜひ一度駒場博物館に遊びに行ってはいかがでしょうか?

駒場博物館HP
http://museum.c.u-tokyo.ac.jp/index.html

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

[2010/06/07 21:23] | 大学博物館見学 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>